ディラーと協力店で競合

ディーラーと、サブディラーや販売協力店での競合させる方法です、同じメーカー車をディラーと販売協力店とで競合させて値引きを引き出します。


■ ディーラーと販売協力店で競わせるには

多くの雑誌やネットでこのやり方を推奨していますが、最初からこの方法を使うと大きな値引きは期待できなくなる可能性が高くなります。

というのは、ディラー側では、どこそこのお店(販売協力店)には、これぐらいの値引きでいく(仕切り金額)のか最初から決まっていて、その数字を簡単には変更しませんし、変更には、最低でも所長かその上の許可が必要になることが多いです。
一方、販売協力店ではディラーから仕切られた値段から、お店の儲け残して販売するわけですから、ユーザーへの値引きが少なくなって当然です。

それから、販売協力店で商談をしている事がわかると、ディラー側は一応は商談から手を引き、販売協力店にお任せする形になります、この場合でも、販売協力店に仕切る金額は特に変更しません。

例外としては、中古車などを手広くやっているお店の場合には、下取りがある人については思わぬ買取価格がついて、総額で考えると安くなっている場合があります。



■ ディラーと協力店の競合のコツ

最後の最後で登場させるのが効果的

協力店の登場は遅ければ遅いほどいいので、ディラーに「契約するかどうか近日中に必ずお返事します」といってから、協力店に相談に行ってもいいでしょう。

協力店に話を持っていけば、協力店がディラーと話し合ってくれるので値引きが増える可能性がたかまります。

ただ、協力店の中にはディラーから紹介手数料だけを貰おうとするお店もあります、こういったお店につかまるとディラーは、お客さんへの値引き+販売店へ紹介手数料を支払わないといけなくなるので、あまりいい顔はしません、販売協力店からなっとくのいく良い条件が出てこなかった場合、一旦商談を中止して、後日、また商談をしなおした方がいい場合があります。




損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で買取価格を比較して一番高いところへ売りましょう。
ただ、ディラーと買取店方には「売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、ディラーと買い取り店で打ち合わせをして、買取価格を調整してしまうかもしれません(してました)
下取り車は、最初に「買取店で同士で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的です、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して依頼して一度で見積もってもらうのが楽で確実!

《カービュー》あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業なので、簡単に出来るようになります。5年くらいの期間で考えても、10万円〜30万円以上の得する事は間違いないでしょう。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)




なまぺーじ新車購入方法>越境  【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved