越境(エッキョウ)

他の販売エリアとの競合、県を超えての競合になることが多いですが、値引交渉には、非常に効果のある方法です。



■ 越境は、同じ車を他県(他の販売エリア)のお店と競合させる

越境は、他県や他の販売エリアのお店と、同一車種を競合させる方法です。
この方法は、爆弾値引きを引き出す確率が最も高く最強の方法だと思います。

さて、ディラーは、本来、自分のエリアだけ販売できるのですが、もしも他のエリアからお客さんが来た場合はどうするか?

もちろん喜んで販売しますよ^^

正直に、正しいエリアのお店にお客さんの紹介などしません。

また、メーカーと約束する販売台数の目標(協定台数)は『自分のお店のエリアでの販売台数』を目標にするのですが、他エリアに販売した場合でも、それは実績になります。

つまり、もしも売れれば自分達エリア外への販売になるわけですから、販売台数的にみるとまったくのプラスということになりますよね。

他エリアの販売は、自分のエリアの販売台数を減少させる事無く販売台数のプラスにつなるので、売れたお店にとってはとてもいい商売なのです。

でも、販売をされたお店はたまらないですよね〜

お店同士のケンカになりそうですが、意外とお互いやりあっているので大事にはなりません、ビジネスですから、お客さんの取った取られたは当たり前なのです。



■ 越境のコツ

越境交渉を成功させるコツは、最後の最後の切り札として持ち出すのが効果的だと思います。

地元で、限界まで引き出した値引きを、越境先のディラーにぶつけて、さらなる値引きを要求します。

要求が通れば、、越境したお店の条件を、地元ディラーに伝えて値引きがUPするかどか?聞いてみます。
UPすれば良いですし、UPしなければ越境先から購入してもよいでしょう。
何処のお店で買ってもメンテナンスなどはディラーは対応する義務があるので、購入後のアフターの心配は無用です。


県境に住んでいる人はそれだけで、越境には有利です。
積極的に競合させましょう、特に出たばかりの値引きが渋い新型車人気車種に、絶大な効果がある方法なので是非試してみて欲しいと思います。





損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で買取価格を比較して一番高いところへ売りましょう。
ただ、ディラーと買取店方には「売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、ディラーと買い取り店で打ち合わせをして、買取価格を調整してしまうかもしれません(してました)
下取り車は、最初に「買取店で同士で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的です、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して依頼して一度で見積もってもらうのが楽で確実!

《カービュー》あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業なので、簡単に出来るようになります。5年くらいの期間で考えても、10万円〜30万円以上の得する事は間違いないでしょう。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)




なまぺーじ新車購入方法>越境  【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved