なまぺーじ新車購入方法>新車購入の手順

新車購入の手順

車を買う時には、「どうやったら車を安く買うか?」「損をしないで済むか?」「そのための商談はどうやればいいか?」といった事が気になりますよね。

特に新車購入では、しっかりセールスマンと商談をしないと、間違いなく人より高く買うことになります、これは断言してもいいです。
値引き交渉をしっかりしない人には、それなりの値引き額で、私はご契約いただいていましたからね(^_^;)

といっても・・・

そんなしっかりと値引き交渉しなくても、誰でも出来る、損しないための商談の順序・手順といった大事なポイントがありますから、そこを抑えれば大丈夫です、ちゃんと値引きがうけられます。

あとですね、出来るだけ、初心者向けに書いたつもりですが、不足が多々ありますので、ゴメンナイ <(_ _)>



■ 商談に入る前に、やっておきたい2つの事

新車の商談に入る前に、まずはとにかく考えて欲しい事、やって欲しい事が2つあります。

@ 新車購入の予算を考える事
車は、大きな買い物ですから、どの程度の金額なら買えるのか、ということも考えておく必要があります。
購入予算については、次の購入予算を考えるで説明しています。


A 車の事を調べる事
欲しい車の事を事前に知っておくことは、セールスの売り込みに対して、適切な対応や会話をする事がでますし、セールスにも熱意が伝わります。
こちらは、車の事を調べる(性能・使い勝手・口コミ・値引き)で説明しています。



■ 商談の流れ

次は、新車の商談のながれについて、簡単に説明してみます。
順序に多少の前後はありますが、おおむね、こんな感じで進んでいくことが多いですね。

@ ディラーに行く
A 説明・試乗・査定(ある人のみ)・見積り
B 商談 (通常2〜3回は行います)
C 契約
D 納車

実際には、ディラーへ行くとセールスマンが、この流れに沿って話を進めていきますから、商談の流れについては考える必要あまりありません。

・・とは言っても、彼らの言うなりでは、値引きは期待できませんから、商談中に「どのタイミングで何を言うか(要求するか)」ということが大事だと思います。
こういった事について説明していきたいと思いますが・・・と、その前に!

新車を買う気持ちは揺らいでいませんか???
揺らいでいると商談に、特に「値引き」に大きく影響しますよ。



■ 気持ちを固めましょう

新車の購入では、セールスマンと舌戦を繰り広げなければいけませんが・・

はっきり結論から言うと

「素人が商談でセールスに対抗するのは難しい」

と思います。

車のセールスは毎日のように商談しているわけですから、何年かに一回、商談するかしないかの普通の人とは、商談レベルというか次元というか世界が違います。

例えば、一ヶ月3〜5台売るセールスなら、少なくても20件程度の商談(Aホット・Bホットとよばれる比較的熱い商談)はこなしています、年間では、数百単位になるハズ、同じ土俵で勝負しようというほうが無理だと思います。

もちろん、その車に関する知識についても同様です

なかにはセールス顔負けの技を繰り出してくる人もいますが、
そういう人は、ほんとーにごくわずかです。

じゃ、素人は対抗する方法はないの?

そんなことはありません

なにより、まず、大事なのは心がまえです。

素人・女性・車に不慣れな人も、『この新車を買うんだ』というのを、しっかり心に決めて『セールスの言葉に惑わされないぞ』と決意すること!

商談中のセールスマンは、あなたに新車を『出来るだけ高く買わせる=少ない値引きで契約させる』ことを目標にして、あの手この手で売り込みに来ます。
全てのセールスが最終的に「あなたに車を買ってもらう」為の行動をとっています。

「今契約してもらえるならこれだけ値引きできます」
「早くしないと車が間に合わなくなります!」
「上司から特別条件の決裁をとってきました!!」
「この値引きはホントに特別です、絶対に言わないでくださいね!!!」

などなど
まぁ、いろいろいってきます(私もさんざん言いました)

全部、嘘・・じゃなくて話法&商談テクニックですが、9割以上は買わせる為に言っている事だと思って下さい。

「今なら特別に値引き・・・」なんて言葉に焦って、冷静な判断が出来なくなる・・・なんてことが無いようにしたいです。

誤解しないで欲しいのですが、セールスを信じるな、とか言っているわけではありませんよ。

セールスマンは「あなたの購入意欲を高めて、気持ちよく新車を買ってもらう」のが仕事なのですから、相手の気持ちを高揚させる事はとっても大事なんです。

新車にかぎらず、大きな買い物の商談では、惑わされないように、しっかり気持ちを固めて行くことが大事だと思います。


次は 新車購入予算を考えてみよう



損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で買取価格を比較して一番高いところへ売りましょう。
ただ、ディラーと買取店方には「売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、ディラーと買い取り店で打ち合わせをして、買取価格を調整してしまうかもしれません(してました)
下取り車は、最初に「買取店で同士で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的です、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して依頼して一度で見積もってもらうのが楽で確実!

《カービュー》あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定


自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業なので、簡単に出来るようになります。5年くらいの期間で考えても、10万円〜30万円以上の得する事は間違いないでしょう。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(4/1迄)




なまぺーじ新車購入方法>新車購入の手順  【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved