なまぺーじ新車購入方法>新車販売店のディラーって?

新車販売店のディラーって?

自動車の販売店の事を、一般的にディーラーと呼ばれてます。
ディラーは、『自動車メーカーから車を買い一定地域での独占販売を正式に認められたお店』です。
ディラーは、メーカー指導のもとショールーム・工場・人員など、細かく基準がありそれらをすべて満たす必要があります。

ディラーは一定地域の販売の独占となっていますが、現実は大都市部などでは販売地区が入り乱れ重複している地域も多く、また地区の境目は事実上、双方のディーラーで売りあっています。



■ ディラー以外の新車を売っているお店

ディラー以外にも新車を売っているお店があります、サブディラー、販売協力店などと呼ばれているところです。
こういったお店は、メーカーではなくディラーから車を買い、それを売っています。

また、基本的に、ディラーとサブディーラーは、経営がまったく異っている別会社です。

先のネット見積りは、ディラーからの見積りとなり、サブディラーから見積りが来ることは無いでしょう。

ディラーとサブディラーと値引き金額を比較すると、値引き額はディラーのほうがたくさん値引きしてくれる場合が多いのです。
サブディラーはディラーから車を購入して販売しているので、どうしても値引きが少なくなってしまうのです。

それから、ディラーやサブディラー以外の、中古車屋、自動車整備工場等などでも新車は販売していますが、ディラーから新車を購入して新車を販売しています。
だだ、値引き条件はサブディーラーよりも厳しい事が多いです。



■ ディラーとサブディラーの見分け方

ディラーの特徴》
  ・ 一つのメーカーの車しか扱っていない
  ・ お店が大きい
  ・ 展示車や試乗車がある
  ・ 一定の大きさの工場がある

サブディラー&販売協力店の特徴》
  ・ 複数の看板が上がっている
  ・ いろんなメーカーの車が展示してある
  ・ 試乗車は少ない(ない場合も多い)
  ・ 保険会社の看板などもあがっている時がある
  ・ 新車の真横に違うメーカーの新車や中古車があったりする
  ・ メーカーの看板が古いデザインだったりする

ディーラーはメーカー指導の下で、ショールムーや工場の大きさや設備、スタッフの人数、試乗車の数、展示車の数など、最低のガイドラインが細かく決められていますが、サブディラーについては、そのエリアを統括するディラーに詳細はゆだねられています、販売協力店になると、看板一つ取り付ければOKといった場合もありますね。

新車は、ディラーからサブディラー&販売協力店に販売されるわけですから、大幅値引を獲得したい場合、交渉相手は『ディラーを選ぶ』というのが一般的です。



■ ディラーとサブディラーどっちが値引きが多いのか?

ディラーです。
上でも書いていますが、新車を買う場合の値引きはディラーと交渉したほうが断然値引きを多く引き出せます。

サブディラー・販売協力店ともに、ディラーから車を買っているのですから、新車値引額の限界勝負になったらかなうわけがありません。
特に販売協力店は、まずディラーに一般的な値引き額を聞いて、それを参考にして、自分の所の値引き額を決めることが多いのです。

サブディラーや販売協力店にあなたが値引を聞くと、サブディラーとディラーでは下のような会話がされます。


[販売協力店]
この車の一般値引とうちへの仕切りはどんくらい?
(仕切り=ディラーからサブディラーに販売するときの値引額です)

[ディラーセールスマン(過去の私)]
この車の場合、一般の値引はだいたい15万円(嘘)くらいですから、お客さんにはそう言ってもらえばいいと思いますよ。
○○さんとこには20万円でやらせてもらいますから、是非決めてください。^^

[販売協力店]
20万!? すくな!(ハッタリ) もっとやってよ、できるでしょう?
(20万かよ、なら他のディラーにもきいてみるとするか・・・)

[ディラーセールスマン(過去の私)]
いや〜ちょっときついですね〜聞いてはみますが・・(あんた、もっと台数売ってから言ってくんないかな?)
この車は、結構人気があって (ないんだけどね) ちょっと値引が厳しいんですよ・・・あははは

といった感じの会話が、ディラーセールスマンと、サブディラーの間で交わされているわけです。

この場合では『販売協力店』からの購入では20万円以上の値引は不可能なわけですし、実はディラーの一般の値引15万円というのも、根拠があるわけではありません。
実際、ディラーが値引を20万円近く出したり、それ以上の金額をだしてしまう場合は多々あります。
まぁ、サブディラーや販売協力店の扱いというのは、よほど台数を売ってくれないとね・・なかなか厳しい扱いになります。


次は自動車ディラーの系列についてです。

NEXT  自動車ディラーの系列とは?




損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で買取価格を比較して一番高いところへ売りましょう。
ただ、ディラーと買取店方には「売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、ディラーと買い取り店で打ち合わせをして、買取価格を調整してしまうかもしれません(してました)
下取り車は、最初に「買取店で同士で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的です、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して依頼して一度で見積もってもらうのが楽で確実!

《カービュー》あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業なので、簡単に出来るようになります。5年くらいの期間で考えても、10万円〜30万円以上の得する事は間違いないでしょう。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り



なまぺーじ新車購入方法>新車販売店のディラーって?  【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved