なまぺーじ新車購入方法>欲しい車の色を考える

欲しい車の色を考える

お店で試乗もして車も確認しました、いよいよ買う車を決定する時がきました、でも、車は色やグレードとか決める事があるんです。
まずは色についてのアドバイスから。


■ 車の色で知っておきたいこと

「車の色なんか欲しい色買うに決まっている」

そうですね、どんな車も好きな色を買えば間違いはありません。

これはもっともな話です

車の色は、一番個性を表す部分と思いますから、自分の気にいった色にするのが、あたりまえでしょう。

ただ、もしも、将来車を買い換える事を検討するなら次の事は知っておいたほうがいいかと思いますよ。

クルマには『人気色と不人気色では 将来の下取り額が、10万以上差が出る時もある』ということです。

どんなに、大事に綺麗に乗っていても、その色に人気がなかったら、人気のある色より、間違いなく低い買取価格になります。



■ 下取金額(査定)差が出る人気の色

車の色で人気があるのは、無難な色です。
・ ホワイト系(パール&メタリック)
・ シルバー系
・ ブラック系
といった、年齢や運転者の環境に左右されない色です、これらの色は、根強い人気があります。

もちろん車種によって、若干の違いがありますが、ホワイト系などは中古車になった時にほとんどの車種で人気色となります。
紫や黄色といった、派手な色は見た目いいんですが、中古車としては難しい色になります。

車の場合、高額査定が期待できる色は、『キレイ』とか『目立つ』ではなく、『中古車で人気のある色』なんですね。



■ 人気色と不人気色ではこんなに違う

人気色と不人気色の査定価格の差は、高級車になればなるほど違ってきます。
高年式のセルシオ・クラウンといった高級車になると、まったく同程度の車でも色による査定基準が数十万円違いました。
さらに相場を考慮すると、販売価格が50万以上違うことも珍しくないです。

新車を買う時はまったく同じ値段で、色そのものによって値引きが違うという事はありません、ただし、売るときは大幅に違う場合があることを知っておいて下さい。

カーセンサーnet  

といった中古車検索サイトで同年式、同じグレードでみると色によって、販売している金額が違う事がわかると思います。
特に、数年で車を買い換えたいと考える人は、とても気をつけたいポイントです。

車の色次第で買うときは同じでも将来の金額が違います


色がきまれば、次はグレードと装備について考えてみましょう


NEXT  欲しい車のグレードとオプションを考えよう




損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で買取価格を比較して一番高いところへ売りましょう。
ただ、ディラーと買取店方には「売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、ディラーと買い取り店で打ち合わせをして、買取価格を調整してしまうかもしれません(してました)
下取り車は、最初に「買取店で同士で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的です、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して依頼して一度で見積もってもらうのが楽で確実!

《カービュー》あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業なので、簡単に出来るようになります。5年くらいの期間で考えても、10万円〜30万円以上の得する事は間違いないでしょう。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り



なまぺーじ新車購入方法>欲しい車の色を考える  【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved