なまぺーじ新車購入方法>新車の値引きが多くなる人

新車の値引きが多くなる人

新車の値引き額は、値引交渉を「するか・しない」で、少なくとも、数万〜数十万円くらい簡単に違ってきます。
「なぜそんな事がおきるのか」「同じ品なのに値引はなんで違うのか」を
本格商談に入る前に説明したいと思います。


■ 新車値引きが違うワケ - 値引はお客さんを見て決めます

自動車の場合、担当セールス(以下、セールス)ごとに、新車の値引き金額が違うことが多いです。

なぜかというと、セールスは会社から与えられた値引額の範囲なら、値引き額を自由に決めれる決定権を持っています。
当然値引きの少ないセールスほど会社からの評価は高く、優秀なセールスとなります。

別に値引き0円の見積りを提示したからと言って、会社からセールスにお咎めが来るわけではありません、もっとも、車が売れないでしょうから、そっちでは怒られると思いますが(笑)

ではセールスは、一体なにを基準にして値引額を決めているのか?

多くのディラーでは、初回の値引き提示額はきまっていることが多いと思いますが、、そこから先は、『あなたの様子を見てセールスが感覚的に値引額きを決めている』だけです。


■ 新車値引きを引き出すには

どうしたら、セールスから沢山の値引きを引き出すことが出来るか?
考えてみると

セールスが売りたくなるような人、
買ってもらえそうだと思わせられる人

といった、セールスが好感を持てるようなお客さんなら必然的に値引きは多くなるハズ・・・・・・・・

でも、これって、かなり難しいです、私も出来るか自信ありません。
それとセールスも、いろんな人がいてタイプが違いますから、どう振る舞えば一番いいのかわからないです。

これが出来ればプロなのかもしれませんが、チョット難しいと思いますから、ここは一歩下がって「セールスから嫌われないお客」を演じるため、好かれないお客さんを知っておいてはどうでしょう?



■ セールスに好かれないお客さん

約束を守ってくれない人
「何時に来る」といって来なかったり、「返事をする」といってしなかったり、という約束を軽視する人はセールスから信用されません。
信用をしない人に値引きをたくさん出すでしょうか?
どうせ決まらないから、テキトウに相手しておけ、となるのがオチです


礼儀がなく横柄な人
セールスを卑下するような人は嫌われます。
特に『売れたらいくらもらえるん?』とかネチネチとしつこく聞いてくるようなお客さんは最悪ですね。
それから、『自分は客だ!』といって、常識をかいた横柄な態度で接してくるもの、いやになってきます。
もちろん、客商売ですから、そんな表情は全く出しませんけど。


細かなことを言ってくる人(マニアな人もちょっとご注意)
あまりに細かな事をたくさん言ってくる人は、『売った後にウルサソウだな』と考え、セールスの熱意が下がります、ひどい場合は売る気も起きません。
それから、マニアの人は基本的にOKですが、話が長くなりやすく、本題からズレ、最終的に「また次の機会に」と言われる事が多いので、マニア度を見せつけてしまうと、セールスはちょっとひいちゃうかも・・・話して楽しいんですが・・
他の仕事が進まなくなっちゃうんです(^_^;)


車を買うか買わないかわからない人
嫌われるわけではありませんが、こういった人はセールスも、値引を出すべき出さざるべきか、その判断が付きません。
その場合は様子を見るために『出さない』のが普通で商談が様子見になってしまうことが多いです。


こういった、セールスが「ん・・・・」と思ってしまう人を相手にして売るよりも、そうではない普通の人にすこし値引を無理してでも売った方が、後々のことまで考えればよっぽど楽です。

特に、金額や要求を厳しくしたいときには、礼節とセールスの言い分も尊重してあげるような商談の進め方理想的だと思います。

セールスへの対応の次は、新車の値引きが増える時期についてです


NEXT  新車の値引きが多くなる時




損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で買取価格を比較して一番高いところへ売りましょう。
ただ、ディラーと買取店方には「売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、ディラーと買い取り店で打ち合わせをして、買取価格を調整してしまうかもしれません(してました)
下取り車は、最初に「買取店で同士で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的です、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して依頼して一度で見積もってもらうのが楽で確実!

《カービュー》あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業なので、簡単に出来るようになります。5年くらいの期間で考えても、10万円〜30万円以上の得する事は間違いないでしょう。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り



なまぺーじ新車購入方法>新車の値引きが多くなる人  【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved