なまぺーじ新車購入方法>新車値引交渉-序盤1回目-

新車値引交渉-序盤1回目-

いろんな検討が終わって、買う決心がついたら、いよいよディラーと本格商談に入ります、商談の序盤では「正確な見積りを貰う」と「競合店へ情報収集」を行うと良いでしょう。


■ 正確な見積もりを出してもらおう

ディーラーへ正確な見積もりを出してもらう口実でディラーに行きましょう。

前回の「車を見に行く」とは違い、今回は出来るだけ商談だけに力をいれてください、商談中には、欲しい車がそばにあるので気になる事と思いますが、出来るだけ冷静なって話を進めましょう。

さて、新車の見積りですが、色、グレード、メーカー&ディラーオプションを決めて値引の入った見積もりをもらいます。
ネットで新車の見積もりを出してもらっている人も、それはそれとして、ここではディラーの正規な見積もりを貰ってください。

下取り車がある人は、査定をしてもらって、下取りを含めた見積書を貰いましょう、この時に下取車の金額は、値引きとは別に必ず書いてもらってくださいね。

本来、下取りなしで商談は始めたほうがいいのですが、話が難しくなるのでとりあえず、ディラーにも出すかもしれないという事で話を進めます。
(事前にネット見積もりをしていた人は、ディラーの出した査定の値段に思わず はぁ? ってなるかも・・・そうなっても、絶対に顔に出さないように)


さてディラー営業は、見積もりの依頼をされると

・ 車両値引は = ほどほどの値引きしか出しません
・ 諸費用分は = もちろん全額定価販売です
・ オプションも = 定価・定価・定価
・ 下取り車は = 目いっぱい頑張りましたと、言っていますが嘘です

という感じで出してくるはず。
まぁ、とりあえずそれ以上は、必ず値引きできると思って間違いないでしょう。


さて、このとき注意したいのは、見積りとはいえ『なるべく細かく明細を書いてもらう』事です。
『下取りと値引きを会わせて総額○○○万円ですね〜』などといった、内容ががまったくわからない商談をする営業もいます。
※ これで買っちゃう人も中にはいますが・・オススメしません

『総額○○○円』の見積りではダメです、最低でも、『車両価格・付属品・値引き・下取り価格・諸費用』ぐらいには分かれている見積書を依頼し貰て下さい。

絶対に、適当な見積もりで商談しないように。

そして、どんな見積りが出てきても、とりあえず((+_+))ウーンとうなっておくこと。

見積りを手に入れたら、次の点を、一つ一つ確認をしてみましょう。

・ 車両値引 = もっと増えないか?
・ 諸費用分 = 出来るだけまけてもらえないか?
・ オプション = 値引きはないのか?サービス品はないのか
・ 下取り車 = 買取UPはできないか

たぶん、この中でいくつかは、具体的な値引きサービス品など提示してくるはずです、出さない部分については「難しいなぁ〜」 とか 「ちょっと検討します」みたいな回答をくれると思いますが、考慮はしていますよ。
※口頭で構いませんが、内容は覚えておきましょうね。

初回見積もりはこれで終了です、「家に帰ってじっくり考えます、近日中に必ずご連絡します」と言って、競合店にいきましょう



■ 競合店へ行こう

「昨日、○○を見に行ったんだけどね、こっちはどうかな〜」といった感じで、競合車の存在をさりげに伝え本命店と同じような 試乗・見積もりのステップを踏んでください。
ちょっと面倒ですが、このステップは是非踏んで貰いたいと思います。
※ ここの競合店は、他メーカーの違う車種 ということで設定しています

セールスとは、「○○(本命)からの値引きが思ったより少なくてチョットがっかり」なんてハッタリをかましたり、「運転しやすいね〜」「いい感じだね〜」とか試乗中に車を褒めたりすると、セールス、競合車に勝てるかも? とちょっとやる気になったりします。

競合店で聞いて欲しいことは口頭で聞いた数字(値引き)を思い出しながら。

・ 車両値引は = 本命店の『2倍』できないか聞いてみる(暗算して)
・ 諸費用分は = サービスで出来ないか聞いてみる
・ オプションも = どこまでサービスしてくれるか聞いてみる
・ 下取り車は = 知り合いに売る とでも言っておきましょう

ここの『2倍』という部分ですが、「え?」と思う人がいるかもしれません、『はったり』ですおもいっきりかましてみましょう。
なにしろ競合車です本命ではありません、だめなら、どこまで出来るかきいてみるだけですが・・・

実際 「わかりましたやります」 と言われたり、サービス品などを、こちらの想像以上にディラーが頑張って、話がひっくり返り希望車種を変更する人もけっこう多いです。
(営業からすれば、話をひっくり返すほど楽しい事はないですからね)

倍の金額は出ないにしても、ある程度は必ず出てくるはずです。
このときに『安かったら買うかもしれない』というということも重要ですので、会話の中でしっかりPRしておきましょうね。

競合店でのポイントは『金額が安かったら買うかも?』という事に絞って話しをすればいいです。
したがって、本命店よりも 、会話の突っ込みをきつくしても構いません、その為に最初に『他店(他車)へ行ってみましたが』と伝えてあるわけです。
※ 本当は、『黙って天秤にかける』というやり方がベターですが、初心者にはかえって難しくなると思います。

ご苦労様でした。

今日は、これで終了です お疲れ様でした。



NEXT  新車値引交渉-中盤 2回目-




損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で買取価格を比較して一番高いところへ売りましょう。
ただ、ディラーと買取店方には「売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、ディラーと買い取り店で打ち合わせをして、買取価格を調整してしまうかもしれません(してました)
下取り車は、最初に「買取店で同士で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的です、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して依頼して一度で見積もってもらうのが楽で確実!

《カービュー》あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業なので、簡単に出来るようになります。5年くらいの期間で考えても、10万円〜30万円以上の得する事は間違いないでしょう。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り



なまぺーじ新車購入方法>新車値引交渉-序盤1回目-  【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved