ホーム > 自動車保険を節約しよう >車の事を確認してみよう

車の事を確認してみよう

自動車保険を理解するには、保険の見積もりを作ってみるのが一番簡単です、
一般的な自動車保険の契約のまではプロアマ問わず

@ 車の現状を確認する
A 運転者の現状を確認する
B 現契約の内容を確認する
C 補償内容を考え見積りする
D A〜Bの内容を反映しながら見積もりする
E Dで出た見積りから保険会社を絞る 
F 絞り込んだ保険会社で内容を詰めて検討
G Fで納得した保険会社で保険契約 


といった感じで進んでいきます。

WEBの見積もりでも、プロが作る見積もりと遜色ない見積もりを作る事ができますから、とても便利です。

私の場合、毎年こんな感じで保険会社をさがしています、もっとも、@-Eまでは、毎年同じ事をしているので機械的に進んで、悩むのはFの保険会社をどこにするかだけですけどね。(^_^;)

それでは、自動車保険の見積を作ってみましょう。

@ 車の現状を確認をする

まずは車の現状を確かめます、必要なものは

車検証・免許証・現在の保険証券

の3つ

ここから、保険見積もりに必要な情報を確認し収集していきます、言い方をかえると、これ以外は必要ではない、というわけですから、保険見積りをする前に揃えておきましょう。
(私は、全て1部コピーをとって使っています)

車検証から自動車保険に必要な事は?

車検証からの自動車保険に必要な情報は4つあります 

1. 初年度登録
2. 車の型式
3. メーカー
4. 車のナンバー




この4つがないと自動車保険に入る事が事実上できません。
車のナンバーについては、新車や中古車でナンバーがない場合がありますが、その場合はスルーしてもOKです、もちろん保険に加入後、必ず報告を求められますけどね。

次には、車検証に載っていない項目です。
ここでは、車の利用状況のリスク調べています。

5. 車の名前(フィット・プリウスといった車の名前です)
6. 車の主な使用目的(レジャー・日常 通勤通学 業務(仕事で使う)
7. 車の安全装備
  (エアバック・ABS・横滑り防止装置・盗難防止・衝突安全ボディ等)
8. 安全装備の有無
9. 車の改造の有無

7と8は、車の装備ですから、わからない時には飛ばしても問題ありません、保険証券が手元にあれば記載してある場合もあります。

契約時には保険会社から詳しく聞いてくること思いますので、難しかったら、今は思いつく範囲だけでもOKです。

次は自分自身の事についての確認をします、免許証が手元にあると便利です。



次は ”運転者について確認をしてみよう”

関連ページ


ホーム > 自動車保険を節約しよう >油膜をとってみよう


愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示するからです。
カービュー愛車無料査定
あなたの愛車は今いくら?カンタン約3分のオンライン車査定で複数社の買取店ネットワークが回答します
関連 車の買取価格をアップさせる

保険料が倍違った、そんな話も珍しくありません、今、ご加入中の保険が安ければ幸いですが、そうでない人の方が圧倒的に多いのが自動車保険です。
加入する保険会社を決める前に、まずはオンラインで保険料を調べてみる事が大切です。
保険の窓口 インズウェブ
自動車保険一括見積りサービスをご利用の方
全員にもれなく500円マックカードプレゼント!
価格.com自動車保険
保険料、払いすぎていませんか? 無料の一括見積もりご利用で豪華プレゼントが当たります!
関連 自動車保険を安くしよう

ガソリンを安く入れられるカードは、ガソリンカード・・では、ありません、今は、楽天カードでエネオスやJOMOで給油するのが一番です。
新規カード作成で2000〜8000ポイントの楽天市場で使えるプレゼントがあります
楽天カード
入会・年会費永年無料、エネオス・JOMOの給油すれば貯まるポイントは2倍、入会特典も豪華です。
関連 ガソリン代を節約しよう







(C) なまぺーじ All rights reserved.