ホーム > 自動車保険を節約しよう >運転者の事を確認してみよう

運転者の事を確認してみよう

車の情報が集まったら次は、保険に加入する運転者(被保険者)の情報が必要です。
運転者の情報はそれほど多くないですし、その内容も一般的な事で難しいことはありません。

免許証で運転者の現状を確認する

自動車保険の場合、被保険者(保険が適用される人)の現状を確認するための書類は、運転免許証で確認します。
ここで必要な免許証は、契約者(保険契約をする人)ではなく被保険者の免許証になります。
たとえば、父親が保険契約者で、あなたが被保険者の場合は、あなたの免許証の情報が必要となります。

本人(被保険者)の必要な情報

10. 氏名
11. 生年月日
12. 性別
13. 婚姻状況 (独身・既婚-子供あり 既婚-子供なし)
14. 職業
15. 免許の色 (緑・青・金)
16. 普通免許取得年月日
17. 免許取り消しの有無
18. 見積もりの連絡先 住所 電話番号(携帯OK) メールアドレスなど




自分の情報といっても、免許の取得日がわからないくらいで、あとはほとんど普段覚えている内容ではないでしょうか?

16.の普通免許取得年月日この為だけに、免許証が必要と言ってもいいかもしれません。

万が一覚えてなくても、婚姻状況と職業、見積もりの連絡先以外は、免許証でわかるはずです。

なお、こういった個人情報で、嘘を言って契約しても、万が一のときに契約そのものが無効にされてしまう事もありますから、正直に回答することが大事です。

次は、現状の保険内容を確認してみましょ


次は ”今の保険契約の内容を確認してみよう” 

関連ページ


ホーム > 自動車保険を節約しよう >運転者の事を確認してみよう


愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示するからです。
カービュー愛車無料査定
あなたの愛車は今いくら?カンタン約3分のオンライン車査定で複数社の買取店ネットワークが回答します
関連 車の買取価格をアップさせる

保険料が倍違った、そんな話も珍しくありません、今、ご加入中の保険が安ければ幸いですが、そうでない人の方が圧倒的に多いのが自動車保険です。
加入する保険会社を決める前に、まずはオンラインで保険料を調べてみる事が大切です。
保険の窓口 インズウェブ
自動車保険一括見積りサービスをご利用の方
全員にもれなく500円マックカードプレゼント!
価格.com自動車保険
保険料、払いすぎていませんか? 無料の一括見積もりご利用で豪華プレゼントが当たります!
関連 自動車保険を安くしよう

ガソリンを安く入れられるカードは、ガソリンカード・・では、ありません、今は、楽天カードでエネオスやJOMOで給油するのが一番です。
新規カード作成で2000〜8000ポイントの楽天市場で使えるプレゼントがあります
楽天カード
入会・年会費永年無料、エネオス・JOMOの給油すれば貯まるポイントは2倍、入会特典も豪華です。
関連 ガソリン代を節約しよう








(C) なまぺーじ All rights reserved.