なまぺーじ中古車購入方法>中古車を探してみよう

中古車を探してみよう

中古車はいろいろな方法で車を探すことができます、ネット、雑誌、新聞、チラシ、知人、ショップ、ヤフオクなど、何を使って探してもいいのですが、希望の車について出来るだけ多くの中古車を見る(探す)ことで中古車相場に強くなれるので、お買い得な物件を探すことが上手になりますね。
中古車を探す方法は複数ありますからそれぞれの特徴について説明します。
中古車検索なら全国25万台から探せるカーセンサーnet
10万台から選べる中古車情報から車選びドットコム
ネットで中古車を探す

ネットを使って中古車を探す場合、地域・価格・車種・年式など、様々な内容で絞り込んで探す事ができます。
情報量もすごい量で他の媒体とは比べ物にならないくらいの量です
メールでの問い合わせや見積もり依頼も、無料で出来るので、忙しい人にもピッタリな方法です。

中古車情報では、カーセンサーnet、が昔から有名ですが、最近では中古車買取のガリバーなどでも買い取った車を見ることが出来ます。
それからネット最大の特徴は「情報が早い」ということです。
多くの中古車店では、情報が毎日更新されています、昨日はなかった車が今日出てきたり、
反対に昨日あった車が今日はなくなっていたりといった事が頻繁に発生していますが、こういった
リアルタイムの情報はネット以外の方法での入手はとても難しいのです。

また、ネットので中古車見積り依頼も、カーセンサーnetの場合、
「お客さんと販売店の連絡はカーセンサーネット経由で行い、メールアドレスも販売店には公開されません」
といったように、プライバシーを完全保護して見積もり依頼方式になっています

検索規模 全国-数十万台
検索費用 0円
情報特徴 情報が新鮮で毎時・毎日更新のリアルタイム
見積特徴 メールで24時間依頼可能 無料 メールで返答



雑誌で中古車を探す場合

雑誌は重要な情報源ですが、中古車情報誌の王手、『Goo』や『カーセンサー』の情報は、
ネットでも手に入れることができますから、それ以外の雑誌を探した方がいいでしょう。
お住まいの地域によっては、無料のミニコミ誌のようなものが出ている場合もあります。
情報量とその鮮度はネットよりもかなり劣ります

検索規模 数十台〜数千台(地域単位)
検索費用 0円〜数百円(雑誌代)
情報特徴 月に1〜2回の情報更新が多い
見積特徴 店舗へ直接 書面で返答



新聞・チラシで探す

チラシには、地元ならではフェアやプレゼントなど特別販売期間など、
ネット&雑誌といった物には載ってこない情報もありますから、チラシが入っていた時には、細かく目を通しておきたいところです。
また、新車ディラーのチラシなどにも『特選中古車』といった感じで、車の数は少ないですが載せる時も あります
お気に入りの中古車を発見したら、迷わず見に行くくらいの気持ちでチラシはみたほうがいいですよ。
ただ、チラシや新聞の場合、「お買い得な目玉車を1台」を客寄せのために作っている時もありますあら、目当てのクルマ以外
をすすめられた時には冷静になって、慎重な対応をしたほうがいいでしょう。

検索規模 1店舗 数十台分
検索費用 新聞代
情報特徴 お店のイベント時の為、不定期 (客寄せのための特選車以外はお得でない事もある)
見積特徴 店頭での見積り 書面で返答



友人・知人に探してもらう

中古車に詳しい人や、そういった人とつながりがある人に車を探してもらう、人間関係に頼った方法があります。
この方法は、中古車に不慣れな人には「とにかく全てお任せでとてもラク」といった面を持っています、が、トラブルが起きた時に
人間関係が絡んできて、話が複雑になりがちですから、十分気を付けて話をしたほうがいいでしょう。
中には、最初から騙すつもりの人もいますので注意が必要です。

検索規模 不明
検索費用 ?
情報特徴 信頼関係で判断
見積特徴 書面の場合が多いが、中には口頭だけ車を契約してしまう場合もあります



ヤフオクで中古車を探す

ヤフオクを見ていると、驚くほど安く売っている中古車がありますが、ほとんど入札されていなかったり、
落札されていなかったりする事が多いです。
ヤフオクで個人相手に激安で売っている車を購入する場合は、「安いなりのリスク」を覚悟の上で購入するべきでしょう。
出品されている車すべてとは言いませんが、「車の整備は自分で出来る」「整備工場に親友がいる」といった車に精通している
人以外はあまり手を出すべきではないと思います

検索規模 ?
検索費用 ?
情報特徴 情報は新鮮
見積特徴 形態は様々



中古車を探すのはネットが便利で早い

中古車検索の特徴を書きましたが、結論はネットで探すのが「早くて確実」、ネット検索できる中古車情報を紹介します。

【カーセンサー】の中古車検索サービスは、25万台以上の中から愛車を探す中古車検索サービスを、 無料で提供しています。カーセンサーなら充実した中古車/カタログ検索 機能以外にも、新車速報、整備車検、カーナビ、タイヤ、ホイール、 駐車場情報や中古車の見積もりなど様々なクルマに関するサービスを 受けられます。
【Goo-net!】の中古車検索サービスは、業界最大級の中古車登録台数30万台で情報満載が全国の中古車検索が可能で見積り依頼もOKです、新車カタログでは過去20年間の自動車の諸元を掲載。
中古車だけでなく、車専門のポータルサイトをを目指しているのでコンテンツが充実しています。
【車選び.com】の中古車検索サービスは、全国の10万台の中古車情報の中から検索できます、検索した車の中には動画を登録してあるクルマもあるので、写真ではわかりにくい車の状態も動画で知ることが出来ます。
サイトオープンから4年間で、1000社 2000店舗の中古車店の登録があり急成長しているサイトです。




NEXT>>中古車店へ問い合わせてみよう

損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で愛車の値段を比較して高いほうへ売却するのが大原則!、ただ気をつけて欲しいのが、ディラーと買取店の両方に、「愛車の売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、お店によってはディラーと買い取り店で打ち合わせをしてしまい、買取価格を調整してしまうこともあるからです(でした)
下取り車は、最初に「買取店で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的ですね、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して一気に依頼をするほうが便利で確実です。
数あるネット査定の中でもカービューは数分の手間で最大8社へ買い取り依頼を出すことができます。
【カービュー】 あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業で簡単に出来るようになるはず少し手間に感じますが、5年、10年といった長期間でみると、10万 20万 30万の節約につながる人も多いはず。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り

なまぺーじ中古車購入方法>中古車を探す方法  【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved