なまぺーじ中古車購入方法>車のプライスボードをチェックしよう

車のプライスボードをチェックしよう

欲しい車が見つかったら、実際にお店にいって車を確認しましょう。
中古車を見にお店に行ったときに、まずチェックして欲しいの中古車のフロントガラスに大きく表示しているプライスボードです。
プライスボードは、公正取引委員会の下部組織の「自動車公正取引協議会」が中古車を販売するときには表示しなくてはいけないというルールを定めています。
中古車検索なら全国25万台から探せるカーセンサーnet
10万台から選べる中古車情報から車選びドットコム
プライスボードのチェック

中古車展示場の車には必ずプライスボードと呼ばれる値札が掲示してあります、
この値札には車の価格と、その車の大まかな品質表示がされています。

記入してある内容はもちろん大事ですが、
それ以上に、このボードが丁寧に書かれているかチェックしてください。


プライスボードは商品の顔です。

プライスボードが汚れていたり、斜めにかかっているのは、
普段から商品である車に気を使っていない証拠
ましてや、未記入や記載事項に誤りがあるなど論外ですね。

プライスボードがいい加減に書かれていたり、粗末に扱っているところは
車の管理体制や、お店として商売への姿勢が出来ていない可能性があります。

中古車は、車よりもむしろ、お店の見極めのほうが大事な事も・・・・

プライスボードについては、お店の大きさ、展示車の多い少ないといった経営規模とは
まったく関係ありません。
しっかりとしたお店では、こういったところもキチンとしていますよ。



プライスボードの内容のチェック

中古車のチェックでは、現車を見るのも大事ですが、初めて車を買う人や、素人が見ても
たぶんわかりません、現車のチェックは慣れが必要です。

その点、プライスボードといった表記物は、誰が読んでも間違いはありませんので、
熟読することで客観的に車を評価する事が出来ます。

少し面倒くさいですが、車を詳しく知らない人ほど、じっくりプライスボードをみて欲しいです。
わからない表現や内容、未記入欄などあったらお店の人にどんどんきいてみましょう、
聞けば知識も膨らみますし、お店の人とのコミュニケーションも取れますよ。



【プライスボード記載事項】

@ 現金販売価格
諸費用など含まれない本体の値段)

A 初年度登録
初めてナンバーがついた年月のこと

B 車検有効期限
車検の有効期限や期日

C 走行距離数
新車からの走行距離、車の走行距離計(メーター)に表示
されている数字、距離を変更してある場合は『?』表示や
『不明』等の言葉が書いてあります

D 点検整備記録簿の有無
過去2年以内に定期点検整備が行われていて、
その記録簿があれば『有り』となります

E 修復歴の有無
車体の骨格部分までの修理・交換をしていれば『有り』となります

F 使用歴
以前の使用目的が表示されます、レンタカーとして使ってあれば「レンタカー」といった表示がされています

G 定期点検整備の有無
整備して販売・整備済み・納車時に整備 など 納車時までにどのように整備を行うか記載してある
整備しない場合は『無し』となる

H 保障の有無
保証付きの販売かどうかを記載、メーカー保証が残っている場合そちらも記載してあることが多い




NEXT>>車のチェックポイント

損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で愛車の値段を比較して高いほうへ売却するのが大原則!、ただ気をつけて欲しいのが、ディラーと買取店の両方に、「愛車の売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、お店によってはディラーと買い取り店で打ち合わせをしてしまい、買取価格を調整してしまうこともあるからです(でした)
下取り車は、最初に「買取店で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的ですね、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して一気に依頼をするほうが便利で確実です。
数あるネット査定の中でもカービューは数分の手間で最大8社へ買い取り依頼を出すことができます。
【カービュー】 あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業で簡単に出来るようになるはず少し手間に感じますが、5年、10年といった長期間でみると、10万 20万 30万の節約につながる人も多いはず。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り

なまぺーじ中古車購入方法>車のプライスボードをチェックしよう  【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved