なまぺーじ中古車購入方法>試乗車を買う

試乗車を買う

新車ディラーは、ディラーで使っていた試乗車(デモカ―)を中古車として販売しています。
試乗車は、ディラーが完璧に管理している車ですから、お買い得な中古車になっている事が多いです。
中古車検索なら全国25万台から探せるカーセンサーnet
10万台から選べる中古車情報から車選びドットコム
試乗車とは(デモカ―)

試乗車は、ディラーがお客さんに試し乗りをしてもらために用意している車です。
車の名義は、お店の名義になっています。
新車のディラーでは、試乗車が必ず定期的に発生しています、お店によってはデモカーと言った
りもします。



試乗車の特徴

【メーカーから特別な値段で販売してくれる】
普通にメーカーの新車を買うよりも、ディラーでは安い値段で試乗車を買っています。
といっても、試乗車という車の値段があるのではなく、ディラーの在庫車から、「この車を試乗車にしたい(デモカ―申請)」
をしてメーカーの許可を得ます。

試乗車としての許可をもらい、お店名義で登録すると、メーカーより一定のキャッシュバック(登録費用代くらい+α)が
ディラーに支払われるという形が多いです。
当たり前ですが、試乗車だからと言って、他の新車とどこかが違うということはありません。

なお、、試乗車としての登録はキャッシュバックが貰えるかわりに、一定期間ディラーが販売する事を禁じていることが
多いです。


【試乗車は定期的に変わる】
試乗車は、定期的にディラーの中で変わっていきます、マイナーチェンジや人気色、特別車の登場など理由はいろいろありますが、
私のいた店では主に走行キロを重視していました。
試乗車とはいえ、何万キロも走った車は、売る(換金する)のが難しくなるからです。

ナンバーがついてから半年しかたっていなくても、走行キロが2〜3キロも走っていたら、かなり安く販売せざる得ませんから、
下手をすると大赤字になることもあります。


【試乗車はコンディションがいい】
試乗車は基本的に完璧な状態を常に維持しています。
洗車も、毎日といっていいほど行いますし、室内も常に綺麗、(在庫車は売れるまでは洗車・清掃しません)
整備も、日常の整備はもちろん、営業マンが常に車を把握していて何か気になる事があれば、メカニックにすぐ相談し
解決しています。

考えてみれば当たり前の話で、試乗車が調子悪かったり汚れてたりしたら、間違いなく新車の売れ行き影響しますよね
試乗車は、ディラーで売ってる新車を含めてもっともコンディションがいい車かもしれません。


【試乗車は割安】
試乗車はコンディションがいい中古車ですが、その割には割安です。
もともと、デモカ―として申請してメーカーから一定額キャッシュバックされていることと、ディラーも幹部も「多少の赤字はしょうがない」
といった覚悟をしているからです。 (平社員には赤字では困る!と常に言っているはずですが)

試乗車は、新車を買いに来て予算が少し足りないといった人がターゲットですが、そうそうタイミングよくお客さんは来てくれません
新車のお客さんは「新車を見に来ている」ので中古車を買うつもりではきていませんからね。

そういったことで、販売できる話があれば、多少値引きしてもサッサと売ってしまいたいのが本音でしょう
新車と違い、試乗車と言え「一般的には中古車」です、中古車は月が替われば値段を下がってしまう可能性がありますからね。




試乗車の問題点

【流通量が極端に少ない】
試乗車の問題点は流通量が少ないという事がでしょう。
ディラーは必要以上の試乗車は、無駄ですし赤字も増えるかもしれませんから沢山は作りたくありません、
それと、年間での試乗車台数はメーカーとの取り決めで決まっているので、その台数以上の試乗車は以上は作れません、
こういった理由から、試乗車は流通が極端に少ないです。


【情報がそのものが一営業だと知らされない事も・・・】
流通量が少ないうえ、試乗車は貴重な会社の財産です。
その販売時期は営業マンレベルでは判断出来ないでしょう。
お店の規模よっては末端の営業マンには、試乗車の販売時期すら知らされないかもしれないです。
また、自社の中古車部へそのまま流す場合もあって、一般の人に、その情報が伝わらない場合が多いと思います。


【不特定多数の人が試乗車は運転した車】
生理的に、『たくさんの人が触った車は嫌です』という方もけっこう多いです。
購入希望の場合、サービスでルークリーニングをしっかやってもらうようにプッシュしましょうね。


【沢山走った車は価値がありません】
少ない例ですが、走行3万キロ近く走って『試乗車』という売り方をしているお店もあります、
試乗車ということでは間違いではないですが明らかに走りすぎで割安感はありません。
こういった車は普通の中古車として考えた方がいいでしょう。
基本的には1万キロ以内くらいでないと試乗車というべきではないでしょう。




試乗車を買うには?

試乗車を買う必勝法があればいいのですが、正直、思いあたりません。
営業マンと仲良くなって情報を貰うのが一番ですが、モデルチェンジなどの前に、前のタイプの試乗車を売ってしまう事は多いです。
また、会社の決算期前に、試乗車を換金する事も多いので、そういった時期を見計らて行くことができれば、買える確率は上がると思います。

試乗車の場合、新車から1年未満で、走行距離が1万キロ以内なら、購入する価値は高いと思いますね。

損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で愛車の値段を比較して高いほうへ売却するのが大原則!、ただ気をつけて欲しいのが、ディラーと買取店の両方に、「愛車の売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、お店によってはディラーと買い取り店で打ち合わせをしてしまい、買取価格を調整してしまうこともあるからです(でした)
下取り車は、最初に「買取店で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的ですね、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して一気に依頼をするほうが便利で確実です。
数あるネット査定の中でもカービューは数分の手間で最大8社へ買い取り依頼を出すことができます。
【カービュー】 あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業で簡単に出来るようになるはず少し手間に感じますが、5年、10年といった長期間でみると、10万 20万 30万の節約につながる人も多いはず。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り

なまぺーじ中古車購入方法>試乗車を買う 【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved