なまぺーじ中古車購入方法>新古車を買う

新古車を買う

新古車は、新車と同様の保証とサービスをディラーで受けることができる中古車です、上手に買うととてもお得な買い物になりますが、新古車を買う時に、新古車ならではの気を付けたいポイントがあります
中古車検索なら全国25万台から探せるカーセンサーnet
10万台から選べる中古車情報から車選びドットコム
新古車とは

新古車って何?という話しからですが、新古車は、「新車をディラー名義でナンバーをつけた車で走っていない」の事
をいいます。
新古車は通常の中古車と違い、走行していないので、ディラーでは中古車といわずに新古車と区別しているわけです
もっとも一般的には、新古車という表現は使ってはいけないルールになっていますから、『未使用車』『未走行車』という
ほうが一般的です。



新古車が発生する理由

新古車がなぜ発生するのかというと、ディラーがメーカと約束した販売台数(協定台数)を達成するために、
赤字を覚悟でお店の名義でナンバーを取得します。
ディラーにとってメーカーとの協定台数を守るのことは非常に重要なのです、それに、協定台数を守ると
それに応じて報奨金がでます。
報奨金はお店の規模によっても違いますが、家が1軒立つくらいの金額はめずらしくありませんからね。

報奨金を獲得するなら、数十万の損がたとえ出ても、お店の名前で車を登録して、販売台数を達成したほうがいいわけです。
したがってディラーの新古車は、ナンバーを付けただけの車で、実質は新車と同じなのです。



ディラーでは新古車を見かけないのに中古車店で数多く見かける理由

ディラーでは「新古車」ありますなんて事を言って、新古車を売る事はまずあまりありません。
大抵は過去の来場者などから、条件に合いそうな人を見つけて 「サササ」と売ってしまいます。

なぜなら「新古車があるよ」なんて大きい声で言ったら、新車が売れなくなってしまいます。
新古車売るよりも新車を一台でも多く売って『メーカーとの協定台数達成』目指したほうがいいに決まってます。
ディラーで新古車を一台売るという事は、新車が一台売れなくなるという事ですから・・・

そのため新古車はオークションへ出品してサッサと売却してしまうお店も多が多いワケいです。
そして中古車店は、オークションに出品されている新古車を購入していきます。
こんな感じで新車ディラーには新古車が少なく、中古車屋で数多く見かけるという現象が起こるわけです。



ディラー買う新古車は◎  中古車店で買う新古車は△  新古車購入は新車と比較!!

ディラーで新古車を買う場合、新車よりも安く販売しますが、ユーザーと車の扱いは、新車購入とまったく同じ扱いをします。
ディラーでは、新古車は「新車と同じ」という意識が非常に強いので、保障やアフタフォローも新車を購入した時と同じだと思います。

その一方で、中古車店で新古車を購入した場合、「新古車だから」といった理由から特別扱いをされることはありません
3年オチ走行4万キロの車を購入した時と、お店の対応は同じはず。
むしろ、新古車はあまり儲からない事が多いので、客寄せとして車を展示して、なにか起きても保障が残っているからディラーへ行って
下さいといったお店も多いと思います。

中古車店では新古車を「新車を買うよりお得です」 といった感じで売っているお店も多いですが、
実際には詳しく計算してみないと本当にお得かはわかりません。
むしろ、ローンを使っての購入などでは、ローン金利の差と新車値引きで『新車をローンで買ったほうが安かった』という話も
少なくないのです。

新古車は、車の品質としては新車と何ら大差ありませんが、必ずしも割安で買えるか?お得なのか?と言われると
売っているお店次第という事だと思います。
新古車を買う時には、ディラーや中古車店のいう事をうのみにせず、新車購入した時と比べてどうなのか?ということを
計算してから契約をしましょう。

損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で愛車の値段を比較して高いほうへ売却するのが大原則!、ただ気をつけて欲しいのが、ディラーと買取店の両方に、「愛車の売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、お店によってはディラーと買い取り店で打ち合わせをしてしまい、買取価格を調整してしまうこともあるからです(でした)
下取り車は、最初に「買取店で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的ですね、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して一気に依頼をするほうが便利で確実です。
数あるネット査定の中でもカービューは数分の手間で最大8社へ買い取り依頼を出すことができます。
【カービュー】 あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です、自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業で簡単に出来るようになるはず少し手間に感じますが、5年、10年といった長期間でみると、10万 20万 30万の節約につながる人も多いはず。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り

なまぺーじ中古車購入方法>新古車を買う 【BACK-ひとつ前の所に戻る】

Copyright(C)なまぺーじ ALL Rights Reserved