ホーム > 車の買取価格UP > 大きい買取店と小さい買取店の違い

大きい買取店と小さい買取店の違い

車買取店は、大手のガリバー・アップルなど買取チェーン店と小さな地元の車買取店があります。
この2つ同じように見えても、商売に関する考え方はまったく別です。

大手は【率】中小は【金額】で考える

車の買い取り金額の基本は「オークションで売れる金額を基準にする」
ということはかわりません。

ただ、1台売ってどのくらい儲けたいか考えるとき、

大手買取店は、[儲け率]で考えることが多く
中小買取店は、[儲け金額]で考える事が多いようです。

オークションで100万円で売れる車の場合を考えてみましょう。

<大手=率で考える>
儲けの率として[10%]と欲しいと考えるならば、買取の上限金額は
100万円−10%=90万円が買い取り額の上限

<中小=金額で考える>
1台売って10万円を儲けたいとします。
100万円-10万円=90万円が買い取り額の上限

オークションで200万円の車の場合

大 手:200万-10%=180万(買い取り価格)
小さい:200万-10万=190万(買い取り価格)
ということになり、10万円の開きが出てきます。

オークションで50万円の車の場合

大 手:50万-10%=45万(買い取り価格)
小さい:50万-10万=40万(買い取り価格)
ということになり、5万円の開きが出てきます。


すべてのお店がこのような感じではありませんが、傾向的にこうなる事が多く、高い車ほど小さいお店のほうが有利になること場合があります。
中小の買取店は、お店が運営していける絶対的な金額を考えればいいので、金額重視なのかもしれません。

関連ページ
≫≫【ガリバー】愛車無料査定
≫≫【ラビット】無料査定のラビット
≫≫【アップル】車買取・中古車査定のアップル
≫≫【楽天】中古車買取査定市場


ホーム > 車の買取価格UP > 大きい買取店と小さい買取店の違い


愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示するからです。
ズバット車買取比較
大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼、輸入車ももちろん高額査定
関連 車の買取価格をアップさせる

保険料が倍違った、そんな話も珍しくありません、今、ご加入中の保険が安ければ幸いですが、そうでない人の方が圧倒的に多いのが自動車保険です。
加入する保険会社を決める前に、まずはオンラインで保険料を調べてみる事が大切です。
保険の窓口 インズウェブ
自動車保険一括見積りサービスをご利用の方
全員にもれなく500円マックカードプレゼント!
価格.com自動車保険
保険料、払いすぎていませんか? 無料の一括見積もりご利用で豪華プレゼントが当たります!
関連 自動車保険を安くしよう

ガソリンを安く入れられるカードは、ガソリンカード・・では、ありません、今は、楽天カードでエネオスやJOMOで給油するのが一番です。
新規カード作成で2000〜8000ポイントの楽天市場で使えるプレゼントがあります
楽天カード
入会・年会費永年無料、エネオス・JOMOの給油すれば貯まるポイントは2倍、入会特典も豪華です。
関連 ガソリン代を節約しよう




(C) なまぺーじ All rights reserved.