ホーム > カーメンテナンス節約術 >エンジンオイル交換をしよう

エンジンオイル交換をしよう

エンジンオイル交換は、車の性能を維持するために不可欠なメンテナンスです、長期間オイル交換をせずにいると、エンジンを痛めるたり、最悪エンジンが壊れてしまいます。

オイルというと、「機械の滑りを良くしてスムーズに動かす」といったイメージが強いですが、エンジンオイルの役割はそれだけではありません。
ガソリンが燃焼する時の熱からエンジンを守り、同時に発生する汚れ(スス)をオイルの中に溶かし込むことでエンジン内部に付着させないようにしたり、エンジンを腐食から守ったりと、いろいろな役割をこなしています。

※ エンジンオイル交換は1回2500円(軽)くらいからが相場なようです

エンジンオイル

エンジンオイル交換時期

エンジンオイルの交換サイクルは、一般的なガソリン車で10,000km又は1年のどちらか早い方と言われていますが、

・短距離走行ばかり(1回8キロ未満)
・山道・坂道が多い
・悪路や雪道走行が多い

こういった走行をシビアコンディションといい、エンジンには優しくない使用環境です、シビアコンディションの場合、一般的な目安の半分くらいで交換したほうがいいでしょう。

私の場合、5,000kmごとに、エンジンオイルを自分で交換しています。
(単に覚えやすいので)

エンジンオイル交換の費用

オイル交換は、ディラーやカーショップ・スタンド等のイベントを上手く利用すると500円くらいで出来る事もありますが、普通は3,000~5,000円、それ以上掛かる事も珍しくありません。

軽自動車は安く、排気量が大きくなるほど高くなります。
エコオイルとか低燃費オイルと呼ばれるような物も高くなります。
自分でやった場合は使用するオイルにもよりけりですね

私の場合は、指定グレードのオイルを使って大体1,000円ちょっとで済んでいる計算になります。

オイルフィルターの交換は

オイルフィルターは、エンジンオイルをキレイにするフィルターです、空気清浄機にフィルターと同じで、使用しているとだんだん汚れが貯まってきてオイルをキレイにしてくれなくなります。
一般的には、オイル交換2回に1回交換か15,000qどちらか早い方で交換すればいいでしょう。
(車によっては毎回交換をオススメしている場合もあります)

エンジンオイルの交換の仕方

自分の車にあうエンジンオイルを探そう

まずは、自分の車に適合したオイルを探します。
WEBで調べることが出来ますが、間違いないのが車の取り扱い説明書です。
取扱い説明書では、どんなをオイルを使えばいいか必ず記載されていますからそこを確認します。



ヴィッツ(車検証より)
型式 DBA-SCP90)
原動機の型式 2SZ

オイルの量とグレード

エンジンオイルは、オイルのみの交換で2.9リットル、オイルフィルターも交換すると3.2リットル必要で、オイルのグレードは最低SL以上で粘度が0W-20から10W-30までに対応している事がわかります。

オイルの粘度

この表と同じ数値のオイルを買えばOK

オイルの、グレード?粘度?何?という方は、このページ下部にある ⇒ エンジンオイル規格を見てみてください。

エンジンオイルを交換する

エンジンオイル交換には、「上抜き」と「下抜き」という方法があります。

下抜き
下抜きは、一般的なサービス工場で行われている方法です。
車をジャッキ等で持ち上げてエンジンのそこについているドレインボルトと呼ばれるボルトを外してオイルを抜きますが、一時的に車の下に入らないといけないので、ちょっと大変で、同時に危険がともないます。
素人一人での作業はあまりオススメしません。

上抜き
上抜き、オイルゲージと呼ばれる、オイルの量をはかる穴へ長いホースを挿して、そこからオイルを吸い上げて抜きます。
一般的にオイルチェンジャー (フル―ドエクストラクター?)という専用の機械が必要になってしまいますが、これでオイル交換を行う場合は、車を持ち上げる必要もないので危険もほとんどありません、一人でやっても大丈夫です、普通の人が自宅でやるのなら、安全な「上抜き」を私はオススメしています。(私も上抜きです)

オイル交換は、初期投資が少し必要(数千円)ですが、自分で行えば1~2回でもとが取れるのでチャレンジする価値が非常に高い作業です。

オイル交換方法については下のサイトを参考になると思います。
上抜き、下抜き双方の説明が、必要工具ともに詳細にされています、私の「上抜き」の方法はコチラで紹介されている方法と全く同じです。

オイル交換ならオイル交換.jp

エンジンオイルの規格

エンジンオイルは、「グレード」と「粘度」という2つの規格と低燃費性能を試験に合格したかどうかを示すマークの3つでオイルの品質と性能を表示しています。

オイルごとに特徴がありますが、ベースとなる品質は上の3つです、これを満たしていれば、どんなオイルを選んでも問題はありません(一般的使用の場合)


グレード(ガソリン車)
ガソリン車用のエンジンオイルのグレードは、米国石油協会が使用している性能分類規格・APIという規格が一般的に使用されています。
(右の場合、SMというグレードのオイルになります)


API規格では、ガソリン車のオイル規格は、最低品質のSAから始まり・SB・SCと続いていきます、現在の最高品質はSNという基準で、Sのあとに付くアルファベットが進むほど高性能なオイルになっているというわけです。
ディーゼルオイルはCAから始まり、現在はCF-4となっています

SL:2001年以降のガソリン車用 SJより耐久性・清浄性・酸化安定性がUP
SM:SL規格よりも燃費向上性や排気ガスの低減
SN:SMよりも省燃費性能等がが向上


粘度
エンジンオイルの粘度は、SAE(アメリカ自動車技術者協会)が定めている規格で、ほぼ100%この規格を使ってエンジンオイルの粘度を表しています。
0W-20とか5W-30といった感じでエンジンオイルの容器に記載されています
(右の場合、5W-30という粘度です)

オイル粘度は、温度によって「粘度=とろーり感」が変わります、おおむね高温では「サラサラ」していて低温では「とろー」っとしています。
エンジンには、一番いい「とろーり感」があるので、この表示は寒い時でも熱い時でも「最適な品質を維持します」という表示と考えればいいです。

正確な表現じゃないですが、イメージとして、最初の数字が10wより5w、5wより0wの方が寒さに強く、後ろの数字が20より30、30より40のほうが熱さに強いオイルと思ってもらえればいいです。


低燃費性能
API規格に合格し、ILSACの燃費テストに合格した商品のみが表示できるマーク。省燃費性能において初期性能と耐久性能を要求される厳しい規格で、エコカーやハイブリット車には、この規格に合格したオイルが推奨されています。
(合格すると表示できるマーク:通称 スターバーストマーク)



マークがないオイル=試験をうけていませんが…
ドーナッツマークやスターバーストマークがないエンジンオイルもホームセンターやカーショップでは多く販売されていますが、このマークがないという事は試験を受けていないオイルということになります。

実はこの試験を受けるのにも、様々なお金が掛かるので、メーカーは販売価格を下げるために同程度の品質があると判断して上の2つのマークを付けずに販売しているのです。
(お金だけの問題ではない理由もあるそうですが…)

だいぶ昔(20世紀)ぐらいのときは、かなり品質の怪しいオイルも売られていた時がありますが、最近ではそういった話は聞きませんね。
マークがないからいって心配する事あまりないと思いますが、試験に合格したオイルを使用したほうが安心なことには違いないです。


関連ページ


ホーム > カーメンテナンス節約術 >エンジンオイルを交換しよう


愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示するからです。
carview愛車無料査定  
あなたの愛車は今いくら?カンタン約3分のオンライン車査定で複数社の買取店ネットワークが回答します
関連 車の買取価格をアップさせる


保険料が倍違った、そんな話も珍しくありません、今、ご加入中の保険が安ければ幸いですが、そうでない人の方が圧倒的に多いのが自動車保険です。
加入する保険会社を決める前に、まずはオンラインで保険料を調べてみる事が大切です。
保険の窓口 インズウェブ
自動車保険一括見積りサービスをご利用の方
全員にもれなく500円マックカードプレゼント!
価格.com自動車保険
保険料、払いすぎていませんか? 無料の一括見積もりご利用で豪華プレゼントが当たります!
関連 自動車保険を安くしよう

ガソリンを安く入れられるカードは、ガソリンカード・・では、ありません、今は、楽天カードでエネオスやJOMOで給油するのが一番です。
新規カード作成で2000〜8000ポイントの楽天市場で使えるプレゼントがあります
楽天カード
入会・年会費永年無料、エネオス・JOMOの給油すれば貯まるポイントは2倍、入会特典も豪華です。
関連 ガソリン安く

新車購入方法
新車最新値引き情報
中古車の購入方法
車の買取をアップさせる
自動車保険を節約
ガソリン代の節約
ETCで通行料を節約
車の維持費
車検代を節約しよう
メンテナンスを節約




(C) なまぺーじ All rights reserved.