なまぺーじ新車値引きダイハツの新車値引き>ミライースの新車値引き

ミライースの新車値引き

ミライース新車値引目標
(プレオプラス:ネッツ)
(ピクシスエポック:カローラ)
値引目標 8万円
ミライースのカタログ新車見積はコチラ

ミライース最新値引き:2017年6月〜
新型ミライースの発売から、値引きが引き絞られましたが、夏の商戦前に少しだけ緩んだ感じです。

ただ、実際に商談すると「値引きは3万円、あとは付属品で」というような売り方が目立ちます。
おとなしく商談すると、ほんとうに値引き3万円となりますので要注意。

現状では、少しの値引き交渉をすることで、車両値引き5〜7万円に付属品で10%割引という感じで契約をしているユーザーが多いです

商談するときは、ミライースを中心に、プレオプラス、ピクシスエポックを参戦させて、三つ巴で商談するのが攻略のコツです。

ミライースの値引きは、付属品の値引きを含めて10万円を目標にしてください

ミライース最新値引き:2017年5月〜
新型ミライースは5月9日から発売予定です、旧型車は在庫のみの商談ですが、ホトンド残っていないという噂です。
軽自動車の新型車の場合は、「値引きの基本は3万円」としてくるお店が多く、ここから付属品サービスで話をマトメてきようとします。

だだしベーシックグレードの場合、80万円を切る価格になるので、3万円の値引きも値引きが厳しいお店があるかもしれません。

商談では、アルトのとの競合が基本ですが、新型が出たばかりの状況では競合車として引き合いに出しても話に乗ってこない可能性があります。

値引き交渉としては、タイミング的に良くないのは確か、値引きを求めるなら数か月後の交渉にするか、現金値引きではなく、付属品のサービスやディーラー独自のサービス品などを要求したほうが良いかも

ミライースの値引きは、付属品の値引きを含めて10万円を目標に頑張ってみましょう

ミライース最新値引き:2016年12月
ミライースは、発売から5年以上たち、現在、モデル末期な車です。
発売当初は1桁前半だった値引きは、この間にずいぶん緩くなってきて、2桁値引きを簡単に取れるようになりました。

商談では、アルト/キャロルといった競合車との勝負基本ですが、トヨタVsスバルVsダイハツといった姉妹車同士の勝負も有効です。

値引き交渉では、通常モデルなら13万円以上、上級グレードなら15万円以上を狙ってみましょう。

ミライース値引き:2016年11月
ミライースは今年の秋にフルモデルチェンジという噂が出ていたようですが、どうやら年内はその様子がありません。

それに伴ってという訳ではないですが、販売のテコ入れといった感じで値引きが増えています。
特に、エコノミーグレードのミライースでも10万円以上の値引きが狙え、上級グレードなら15万円以上も可能です。

軽自動車のこのクラスでこの値引きは「大盤振る舞い一歩手前」といった感じがします。
ミライースほぼ買いごろと言っていいでしょう。

実際の商談では、アルトやキャロルを引き合いに出しで値引きの上乗せを要求します。
姉妹車である、ピクシスエポック(トヨタ) プレオプラス(スバル)と三つ巴作戦も効果的です。

新型の情報が気にはなりますが、価格重視で行くのなら今が旬かもしれませんというのも、モデルチェンジ後は一気に値引きが絞られ3万円以下も予想されるからです。

ミライースの値引き目標は13万円以上を目指してみましょう。

ダイハツ ミライースのおすすめポイント
「誰にでも手が届くエコカー」として誕生し、クラストップレベルの低燃費を達成。手頃な車体価格はそのままに、エンジンの燃焼効率アップやアイドリングストップ、走行時の空気抵抗・路面抵抗の軽減といった細かい改善で燃費を向上させている。ベース車であるミラ譲りの使いやすさ、運転のしやすさも損なわれていない。低速域で先行車への追突を予防する「スマートアシストIII」のほか、安全装備も充実している。
引用元:オートックワン

 
 
 

入会費・年会費永年無料
入会で2000ポイント、キャンペーン時なら8000ポイントがもらえる時も、ポイントでETC車載器・旅行代・TOHOの映画チケット代もOK

楽天カードトップページへ






なまぺーじ新車値引きダイハツの新車値引き>ミライースの新車値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】