フィットの新車値引き

車輌値引目標 15万円
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

フィット新車値引き状況:2018年1月〜

フィットは6月のマイナーチェンジしてから値引きガードが固かったですが、ここにきて緩んでくるお店も出てきました。

フィットの商談は、おとなしく商談すると10万円程度で交渉をまとめようとしてきます、特に地方はこの傾向が強いようです。

攻略のコツは、とにかく経営のちがうホンダ店を回ることと、ライバルのヴィッツ・デミオ・アクアといった車を引き合いに出した場合、以前は乗ってこなかったですが、今は意識しているようですので、ホンダ店を回りながら競合車の存在も匂わせてプレッシャーをかけた商談をしましょう。

フィットの値引き目標は、付属品の値引きを含めて17万円以上を目指してみましょう。

フィット新車値引き状況:2017年9月〜
フィットは6月のマイナーチェンジしてからガードが固いです。

フィットの値引きはとても渋いです、特に地方はその傾向が強く値引きが一桁という場合も珍しくありません。

現状では、車両値引き7〜8万円、付属品の値引きが10%程度というのが一般的でしょう。

攻略のコツは、とにかく経営のちがうホンダ店を回って、もっとも条件の良い所で商談すること、条件がイマイチなところと話をしても、交渉は難航するだけです。

フィットの値引き目標は、付属品の値引きを含めて13万円以上を目指してみましょう。

フィット新車値引き状況:2017年5月〜
フィットは5月中旬にマイナーチェンジする予定です、そのため値引きがかなり引き絞られています。

すでにディーラーでは先行予約販売が開始されているはずので、急いで欲しい人はGW中でもやっているお店に話をしたほうが良いでしょう。

商談では、アクア、ヴィッツ、ノートを引き合いに出して値引きの上乗せを要求するのが基本です、ただ、最後の決め手は経営の違うホンダ店同士の値引き合戦に持ち込むこと。

最初からホンダ店同士の値引き合戦をさせると、お店は値引きを後出しジャンケンしてくるので、複数のホンダ店と商談をしていても「他とは話をしていません」と言い切るのが大事です。

新型フィットの値引きは、付属品の値引きを含めて15万円以上を目標に頑張ってみましょう。

フィット新車値引き状況:2017年2月〜
値引きが渋かったフィット緩んできています。
売れ行きをけん引していたフィットハイブリットの苦戦が大きな理由のようです、昨年発売のノートe-POWERにつづき、ここにきて本命のライバル、ヴィッツハイブリッドの登場、それおよりによって決算直前ですから、現場ではかなりの逆風が吹いて焦りも出始めました。

もちろん、買う側は大チャンス到来ですね。

これからの商談では、ハイブリッドだけでなくガソリン車も同時に商談して、おとくに感じる方を購入するのがよいですね。

どちらの場合でも、付属品の値引きを含めて20万円以上を目標に商談してみましょう。

フィット新車値引き状況:2017年1月〜
値引きが渋かったフィットもここにきて緩むけいこうが顕著に出始めました、値引きの緩んでいるアクア、電気自動車(自称)ノートe-POWERなどが、販売店にかなり影響しているようです。

商談では、値引きの緩んでいるアクアをぶつけるのが効果的、ハイブリッドにはもちろんノートeーPOWERをぶつけましょう。

最終的には、経営の違うホンダ店同士で競わせて決着です、これは他車での値引き交渉が行き詰まってからでもいいです。
最初からホンダ店同士を競合させると、お互いにけん制しあって商談が進まない事もありますからね。

付属品からの値引きを含めて20万円を目指してみましょ。

フィット新車値引き状況:2016年11月〜
値引きが渋かったフィットもここにきてようやく緩みはじめました。

ガソリン車のフィットは、ヴィッツやポルテ、ハイブリッドならアクアや新型のノートなどを引き合いに出して値引きの上乗せを要求しましょう。

ただし、最終的には、経営の違うホンダ店同士で競わせて決着です、これは他車での値引き交渉が行き詰まってからでもいいです。
最初からホンダ店同士を競合させると、お互いにけん制しあって商談が進まない事もありますからね。

付属品からの値引きを含めて18万円を目指してみましょ。

 
 
 

入会費・年会費永年無料
入会で2000ポイント、キャンペーン時なら8000ポイントがもらえる時も、ポイントでETC車載器・旅行代・TOHOの映画チケット代もOK

楽天カードトップページへ





なまぺーじ新車値引きホンダ値引き>フィット値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】