フリードの新車値引き

車輌値引目標 23万円
【無料】新車ディーラーから見積り、希望しない訪問なし

フリード新車値引き状況:2019年3月〜

フリードは初売りから値引きが緩む傾向にあります、今年マイナーチェンジをするという噂も影響しているようです。

フリードは今年マイナーチェンジするという噂から、現行車両の販売にも陰りが見えてきて、「今年変わるんでしょう」「モデルチェンジ前で安いと聞いた」ということも言われてしまい、お店としてある程度対応せざる得ないとの事のようです

大都市部ではとくに値引きが緩く付属品の値引きを入れて30万円を超えるケースがあります、商談はシエンタの商談を先行させて「トヨタはこんなにやってくれている」と揺さぶりを掛けましょう。

フリードの値引き目標は、付属品からの値引きを含めて、25万円以上を目指してみましょう。


フリード新車値引き状況:2019年2月〜

フリードの値引きが先月より緩んでできているようです、初売りでは20万円以上の値引きがとびだしたようですが、更に上乗せが期待できるようです。

値引金額はディラーによって違いがありますが、これからフリードを狙うなら初売り以上の値引きが欲しいとこです。

具体的には車両値引きと付属品を合わせた値引きが25万円が合格ラインです。商談ではライバルのシエンタとの商談を先行させて「トヨタはこんなにやってくれている」と揺さぶりを掛けるのが効果的です。

フリードの値引き目標は、付属品からの値引きを含めて、25万円以上を目指してみましょう。

フリード新車値引き状況:2018年1月〜

フリードの値引きが先月より若干緩んでますね、徐々に値引きを多くしているようなので、前よりは交渉しやすくなっています。

値引金額はディラーによって違いがありますが、車両値引き5〜10万円までで、あとは付属品のサービスでという感じで話をマトメようとするお店が多いようです。

商談では、シエンタをぶつけて行くのが王道なのですが、「値引きではトヨタにかないません」と商談を降りてしまうこともありますので、経営の違うホンダ店同士での競合のほうが上手くいくでしょう。

フリードの値引き目標は、付属品からの値引きを含めて、20万円以上を目指してみましょう。

フリード新車値引き状況:2017年7月〜

フリードの値引きが先月より若干緩んでます、夏のボーナス商戦に向けて徐々に値引きを多くしてお客さんのつなぎ止めに入っているのかもしれません。

値引金額はディラーによって違いがありますが、車両値引き5〜10万円までで、あとは付属品のサービスでという感じで話をマトメようとするお店が多いようです。

商談では、シエンタをぶつけて行くのが王道なのですが、ホンダの場合は経営の違うホンダ店が沢山あるはずなので、まずは、近隣のホンダ店を一通り回ってから、商談するお店を絞ってからシエンタを参戦させるといいでしょう。

フリードの値引き目標は、付属品からの値引きを含めて、20万円以上を目指してみましょう。

フリード新車値引き状況:2017年6月〜
フリードの値引きが少し緩みはじめています。
夏のボーナス商戦に向けて他社に負けないように値引きを大きくしているようです。

フリードのライバルは、クラス的にトヨタのシエンタになりますが、ホンダのディーラー側では「一クラスこちらが上」という認識が強く、さらには、シエンタのほうが値引き若干多いので、競合車として引き合いに出してもうまくいかないことが多いようです。

それからフリードはガードが固いお店も多く、おとなしく商談すると値引きが10万円程度でストップすることもあります。

商談のコツは、ホンダ店同士の掛け合いです。
ホンダ店は経営の違うお店が多いので、複数のお店に声をかけて、一番よさそうなところと交渉してください。

フリードの値引き目標としては、付属品の値引も含めて20万円以上を目指してみましょう。

フリード新車値引き状況:2017年3月〜
新型になったフリードのガードは固く、ここにきて少し緩んできましたが、まだ固いと言わざる得ないです。
ホンダ店の多くは「大事に売って行きたい」「安売りしたくない」という気持ちが強いですね、ライバルのシエンタをぶつけても「クラスが違いますから」と言い、話に乗ってきません。

フリードの商談では、とにかく「経営の違うホンダ店を複数回る」ということにつきます、一つのお店で粘れば粘るほど、お店のほうは熱いお客だと思い値引きを小出しにしてくるので、頑張ったわりに値引きが増えないということにつながります。

通常の商談では、車両本体の値引きの話をして付属品の値引きの話、のように進行しますが、フリードの場合、欲しい付属品等を一式つけて状態で「これで、お宅ではいくらになりますか?」と言ってお店を回ったほうが早いかも
目標台数に追われているお店にあたれば、思わぬ値引きが飛び出すかもしれませんよ。

フリードの場合、値引き額が非常に少ないので、普通に値引き交渉すればソコソコの値引きはすく確保できるでしょう、値引き交渉よりも、お店の値引きへの姿勢を見極めるほうが有効な感じです。

フリードの値引きは付属品からの値引き入れて15万円以上を目指してみましょう。

フリード新車値引き状況:2017年2月〜
新型になったフリードのガードは固い、オデッセイやステップワゴンと比べると鋼鉄並みの固さです。
ここにきて、少し緩みましたが、もともとが渋いので「焼け石に水」という感じが否めませんね。

「値引きの基本は5万円迄」

という強い気なお店が多く、そのまま粘っても8〜9万円が限界というケースが多いです。
経営の違うホンダ店を複数回ってもっとも条件の良いお店での購入をおススメします。
登場したばかりで、値引き交渉には不利な時期ではありますが、フリードの値引き交渉では、15万円オーバーを狙うつもりで商談しましょう。

フリード新車値引き状況:2016年10月〜
新型になったフリードのガードは固い、全国的にみると「値引きは5万円」というお店が目立ちます。

商談ではシエンタを引き合いに出して値引きの上乗せを要求するのが定番ですが、今は特に、「値引きの多いホンダ店を探す」という行動に出た方が良い結果が出やすいハズ。

地域によっては「暗黙のリール」のようなものが存在して、お店ごと値引きを合わせている…といったことがあるかも?しれません。

車輌のみの値引き金額を聞いてみて、どのお店も大差がないようでしたら、付属品のサービスに切り替えるも方法です。

登場したばかりで、値引き交渉には不利な時期ではありますが、新型フリーの値引き交渉では、13万円オーバーを狙うつもり商談に臨みましょう。

フリード新車値引き状況:2016年8月〜
新型になるフリードは、お盆明けの15日くらいから本格的な商談ができそうですが、フリードを真剣に考えているのなら、ディラーが休み入る前に一度問い合わせをしてみることをおススメします。

気になる新型フリードの値引きですが、8月は正直、商談しても無駄と言う状況になるかもしれません、値引きは5万円前後で10万円いけば御の字といった感じになりそうです。

新型になったばかりなので、他社メーカとの競合は、あまり意味を成しませんので、値引き交渉では「ホンダ店同士の争い」に持ち込むのが良いでしょう。

新型フリーの値引き交渉では、10万円オーバーを狙うつもり商談に臨みましょう。

なお、旧型フリードは、最低でも25万円程度の値引きが欲しいところです。

 
 
 

入会費・年会費永年無料
入会で2000ポイント、キャンペーン時なら8000ポイントがもらえる時も、ポイントでETC車載器・旅行代・TOHOの映画チケット代もOK

楽天カードトップページへ





なまぺーじ新車値引きホンダ値引き>フリード値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】