オデッセイの新車値引き

車輌値引目標 33万円

オデッセイ値引き状況:2019年2月〜

オデッセイの値引き拡大中、思い切った値引きが出ます。

オデッセイの商談では、上級グレードを狙う場合、アルファード&ベルファイアと競合を、タイプは違うがCX-8やレヴォーグも効果的です。

ただ、最終的な決め手は経営の違うホンダ店同士で決着させること。

オデッセイの値引きは、付属品の値引きを含めて36万円以上目指しましょう。


オデッセイ値引き状況:2018年11月〜

オデッセイの値引き大爆発中、思い切った値引きが出ます。

今ホンダで一番お買い得な車がオデッセイ、値引き合計が35万円を超えるケースも出てきています。

アルファード、CX-8、レヴォーグを引きあいに出して「値引きが多ければ・・」とやれば、大幅な上乗せが期待できます。

オデッセイの値引きは、付属品の値引きを含めて34万円以上目指しましょう。

オデッセイ値引き状況:2018年9月〜

オデッセイの値引き爆発中、思い切った値引きが期待できます。

商談では、アルファード・ヴェルファイア・CX-8・レヴォーグなどの話を持ちだして値引きの上乗せを要求しましょう、決め手は「ホンダ店同士で競わせる」ことに尽きます。

オデッセイの値引きは、付属品の値引きを含めて35万円以上目指しましょう。

オデッセイ値引き状況:2017年12月〜

オデッセイの値引きは、マイナーチェンジを理由に少し引き絞られましたが、お店によってはまったく影響していないところもあるようです、オデッセイの値引きはかなり緩めと言っていいでしょう。

商談では、アルファードやヴェルファイアを引き合いに出してもいいのですが、やはりう決め手は「ホンダ店同士で競わせる」ことに尽きます。
販売店が多いので、出来るだけ多くお店を回り、一番条件の良いところで商談するのがベストです。

オデッセイの値引きは、付属品の値引きを含めて35万円以上目指しましょう。

オデッセイ値引き状況:2017年4月〜

オデッセイの値引きは出ているんですが、おとなしい商談をすると20万円程度で話をまとめようとしてきますから要注意の車です。

アルファードやエスティマを引き合いに出して値引きの上乗せを要求してみましょう。
ただ、ホンダの商談の決め手は「経営の違うホンダ店同士で争わせる」のが基本中なので、必ず実行しましょう。

オデッセイの値引きは、付属品の値引きを含めて35万円以上目指しましょう。

オデッセイ値引き状況:2017年2月〜
オデッセイは、年末と初売りでかなりの値引きを出したディーラーもあるようです。改良後強気な売り方をしていましたが、今は値引きに頼った売り方になっています。

今が買いごろ、たたき頃?

商談では、アルファードやヴェルファイアを引き合いにだして値引きの上乗せを要求しましょう。

車両本体の値引きも出ていますが、オデッセイは付属品の値引きも多いです、付属品をタップリつけたオデッセイなら、付属品からの値引きを含めて値引き目標45万円を目指しましょう。

オデッセイ値引き状況:2016年4月〜
オデッセイは、改良後強気な売り方をしている車種です、値引きは一時期よりも増えていますが、おとなしく商談をしていると、思ったほど値引きの上乗せをしてこないでしょう。
経営の違うホンダ店を引き合いに出して、値引き額の競合をさせたほうが、効率よく値引きを引き出せます。
競合車では、アルファード、ベルファイアが有効です。

オデッセイ値引き状況:2016年2月〜
オデッセイの値引きは、一部改良を理由にして少し引き絞られています、大都市部以外のところでは、思いのほか値引きが渋く15〜20万円程度の値引きで商談をストップしてくるところもあるようですから、一時期の大盤振る舞いから、かなり渋くなったといえます。

攻略の決め手は、経営の違うホンダ店同士で競わせること、上級グレードのなら、アルファードやベルファイアを引き合いに出して、交渉してみましょう。

 
 
 

入会費・年会費永年無料
入会で2000ポイント、キャンペーン時なら8000ポイントがもらえる時も、ポイントでETC車載器・旅行代・TOHOの映画チケット代もOK

楽天カードトップページへ






なまぺーじ新車値引きホンダ値引き>オデッセイ値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】