なまぺーじ新車値引情報>自動車ローン取扱店

自動車ローン取扱店

自動車ローンは金融機関なら必ずといっていいほど取り扱いをしています、金融機関によっては、取り扱い手数料や保証料など必要な場合があります。

自動車ローン取扱い店

自動車ローンは、ディラー以外でも銀行や信用金庫、農協、信販会社といった金融機関全般が取り扱っています。

自動車ローンは金利や支払い回数などが、取扱い店によって様々に違いますから、自身の要望に出来るだけ合ったところを利用するのがいいでしょう。
自動車ローンで代表的な、自動車販売店・銀行・JAの3つを説明します。

自動車販売店系(信販会社系)
自動車販売店系の自動車ローンは、新車の購入と同時に進行で手続きをすすめていくので
手間がかかりません、自動車ローンに必要な審査も比較的短時間で、必要書類も少なくローン手続き自体を営業マン
が行うことが多いです。
また、条件を満たせば未成年でも自動車ローンを申し込むことができます。
手間がからず、しかも早いといったこともあり多くの人が利用しています。

支払い回数&金額
ほとんどのお店で60回(5年)を最長としていますが、中には72回といったケースもあります
また、0%や0.1%といった超低金利の場合、支払回数が最大36回だったり、申込金額の上限が
設定されている場合もあります

金利
金利の設定が0%〜15%くらいまで、お店によってかなり幅があります。
これは基本的に金利の設定はお店で決めることが出来るです、極端な話、同じ車でもAさんとBさんでは
金利が違うといったことが起こります。

審査
ローン審査は少し厳しいと言われています、自動車購入と同時進行していくのでその人のローン可能額がわからないまま
商談が進み、契約直前になってローンが通らない、といった事があります。
自動車販売店系のローンを使う場合、事前にローンを利用したい旨を伝え審査してもらったほうがいいかもしれません

ポイント
商談会等のイベントや、一部の特定の車は低金利ですが、それ以外は高め目の金利設定という事も
めずらしくありません、3月・9月といった決算時期やボーナス時期などでは、低金利を設定することもあるので、
こういった時期に狙いを定めていくのもいい手だと思います。


銀行系(普通の銀行や信用金庫などの金融系)
銀行で自動車ローンを組むには、窓口へ行って申し込む必要がありますが、最近ではネットから申し込みを
受け付けている銀行も多くです。
銀行で自動車ローンを組むとATMの手数料が無料になったり、次のローンの契約の時に優遇してくれたりと
長い目で見るとお得な事が多いです。

支払い回数&金額
銀行によって差がありますが、最長で10年、上限が300万円〜500万円を上限としているところが多いようです。

金利
銀行によってかなり差がありますが、2%〜6%くらいのところが多いです。
都市銀行よりも、地方銀行、信用金庫といったところのほが低い設定になっていることが多いです。

審査
ローン審査は厳しいです、提出書類も多く、勤続年数や住居年数などいろいろ聞かれ、特に勤続年数は1年以上が
条件といった場合も多いです。

ポイント
銀行でのローンは最初面倒ですが、一度実績を作ると、銀行が提供するいろいな金融サービスをスムーズに受けら
れるようになりますから、将来の金融での信用や実績を作りたいといった人にむいています。




JA(農協)
JAは農協のことで、ローンの区分としては銀行と同じ金融系になります。
JAのマイカーローンでは、車本体だけでなくアクセサリーや諸費用にも利用できるので、現金の一時的な
出費を抑えたい人に人気があります。

支払い回数&金額
6ヶ月以上〜7年(84回)、500万円までとなっています

金利
各JAによって金利が違いますが、金利そのものは2%以下といったところもあり、大変低金利です。
ただし、JAの場合、金利とは別に「保証料」といった形で手数料が発生します。
これが、おおむね1〜2%程度かかるので、実質は銀行系と差がなくなることが多いです

審査
ローン審査は緩いです、JA=農協=農家しか相手をしないといったイメージが強いため新しいお客さんが
なかなか来てくれないようです。
審査を緩くして顧客の獲得を狙っています

ポイント
JAの自動車ローンは、金利は確かに低いですが、保証料がかかりますから、金利と手数料を含めた支払い
総額をみてから検討する必要があります。




インターネットから申し込みが出来る「ネットプラザ」
マイカーローン ねっとプぷらざは、日立グループの日立キャピタルが運営している「低金利の自動車ローンサイト」です
金利も2〜4%と比較的低い設定になっていて支払回数も最大84回とディラーよりも多いです。
来店が不要で、申し込みから完了までの手続き必要書類などネットや郵送・FAXなどを使って出来るようになっているので
近くに金融機関がなかったり、時間的に厳しい人にむいています。
また、自動車ローンシュミレーションで、ローンの支払総額を簡単に計算できます。
日立キャピタル株式会社 ≪マイカーローンねっとぷらざ≫




なまぺーじ新車値引き>自動車ローン取扱店  【BACK-ひとつ前の所に戻る】