なまぺーじ新車値引情報>新車はすぐに買い替えると損

新車はすぐに買い替えると損

新車を購入したけどやっぱり他の車のほうが良かったから買い換えたい」と考える人は少なくないようです、ただ、購入から一年未満で買い換えるのはかなりもったいないことです

新車から一年未満の買い替えはもったいない

新車を購入してから一年未満、距離も数千キロしか乗っていないといった、
「まだまだ新車感覚」の愛車をもし買い換えるとすると、一体いくらで査定や買取の値段がつくでしょう?

お店によっても違いますが新車価格(購入価格からでなく車両価格)から、少なくとも50万円以上はマイナスすると思たほうがいいでしょうね。

私のいた所では、ひとまず新車価格に60%〜70%ぐらい掛けて、その金額を基本にしてプラスマイナスしていきましたね。
新車価格200万円なら、120万〜140万円ぐらいが基準というわけです。


新車一年目は一番車の価値が下がる

下がりすぎーなんで、そんなに下がるの〜〜 と思いますよね。これには理由があります

仮に上の車(200万円)の車を140万円で下取りした場合この車を中古車として販売するには20万円程度の諸費用が掛かります、これに会社の利益を20万円乗せます

すると売値は 140万+20万円+20万円で180万円ということになりますよね。

180万円の1年落ちの他人が乗った中古車と・・・
200万円の新車(値引きが20万円以上あれば、210万〜220万円で買える思う)

どっちが売りやすいか?

この場合、購入者やお店の姿勢もありますが、一般的には200万円の新車を選ぶ人が多いです、
つまり180万円の他人が乗った中古車では割高に思う人が多いのではないでしょうか?
ディラーの新古車とは感じがちがいますしね。

さらに、購入者のローン支払いが多い場合、支払い利息の差によって(新車は安く・中古車は高い)
新車と中古車の支払い総額がほとんど変わらなくなってしまう場合もあるんです。

上の場合は、中古車の販売価格は総額で160万円以下にしないと厳しいでしょう。
となると、逆算すれば120万円くらいで買い取っておかないと売れないということになります。

中古車は時間がたつと値段が下がっていく商品ですから、買い取った車が、もしも売れずに
2年目に突入したら、さらに20万円程度は売値を下げないと売れなくなってしまいます

こういった理由があり、新車から一年未満の車は、「たとえ程度が極上であっても高値では買取にくい」ということになります。



例外もあります

一般的には、新車から一年未満での車の買取は、「高値が付かない事が多い」わけですが、
たまに当てはまらない車が出てきます。

それはどういう車か

@ 超人気車種で納期が遅い
A 中古車市場でものすごく人気がある(値崩れしない)

といった車です。

2010年4月時点で@に該当するのが、「今のタイプのプリウスやインサイト」でしょう。
異常とも思えるハイブリッドの人気が続く限りこの状態が続くはずです。
ただ近い将来、他社のハイブリッド車が出揃ってくると、いままで売れていたぶん中古車市場にもプリウスが
あふれ出して値崩れしてしまう可能性もあると思います。


Aの代表は「軽自動車のジムニー」でないかと思います。
@ほど条件はよくありませんが、特殊な用途ということもあり一定の非常に高い人気が維持され続けています。
こういった車を数年で乗り換えていった場合、車の購入費用は一般車に比べるとかなり少なくてすむハズ。

これら2つのケースは非常に特殊です。
「一年以内の買い替えは、すごく損をするからやめたほうがいい」というのが一般的だと思います。


なまぺーじ新車値引き>新車はすぐに買い替えると損  【BACK-ひとつ前の所に戻る】