なまぺーじ新車値引情報>家族を使って交渉する

家族を使って交渉する

商談の初めから、「家族のOKがないと車が買えない」というような、購入条件を設定しておくと、営業マンから返事を求められた時に便利です。
決断や判断を迫られたときに、「家族に聞いてみないと・・・」「相談してから・・・」といった感じで、その場を切り抜けるのに使えて便利です。

「契約の最終判断は家族決定」といった設定にしておけば、最後の値引き要求の時に、これを利用して、さらに値引きを引き出せるかもしれません。

具体的には


最後の商談に入る前に、家族と打ち合わせをしておき「ちょと高いな〜これではだめだな〜」というような事を言って貰うだけでいいと思います。

営業マン的には、もう車が売れる直前なわけですから、

「なんとかこの反対者を落とせないか?」
「反対者に合意を取り付けられないか?」

と最後のアクションを起こします。

これが、明らかに購入者の友人と思われる人の発言なら、
「アハハハハ」と笑ってごまかす(とぼける)事もできますが、血縁や親戚となったら話しは違いますからね。

この段階で、引き下がってしまえば今までの苦労が水の泡ですし、この「反対者」さえをくどけば、
車が売れるというのわかるので、どの営業も必死になって会社と掛け合うはずですよ。

その結果、なんらかの、プラスαの条件UPを提示をして来る可能性が非常に高くなるというわけです。

商談に慣れていない人は、「自分のだけの判断では決められない(本当は決められても)」といった
スタンスで商談したほうが、新車の値引きは引き出せるかもしれません。



なまぺーじ新車値引き>電話で交渉する  【BACK-ひとつ前の所に戻る】