なまぺーじ新車値引情報>長期間商談のコツ

競合入札はNGになることがある

競合入札というのは、複数のディラーに一斉に見積もりを依頼します、その時にどこへ依頼したかといった入札情報をオープンにして競合させるやりかたです、スケールは違いますが公共工事なんかこの方式ですね、車の場合、競合入札と言っているところもありますが、一見有効そうなこの方法どうなんでしょうか?

結論から言うと、車の競合入札はやめたほうがいい。

結論から言って、車の競合入札をすると値引きを出してこないことが多いです、理由は「こういうお客さんは後で何かと面倒かも…値引きを抑えて様子を見よう」とまず考え、次に「思い切った値引きを出しても買って貰えないかも知れない」「こんな商談方法が広まったら大変だ」ということから、値引きを出佐内お店が多いの。

それに、ディラーはメーカーから車を買っていますから、相手がいくらで買っているかも当然わかります、いくら値引きをすればいくら儲かるか?というのも明白ということは、言い方を変えると、値引きを出す限界額も大体見えているんです。

私も、競合入札の話があると、「通常に1〜2万円上乗せして出しとこ(普通車)」といった感じで相手にしていませんでした、競合入札をしても効果が出ないだけならいいですが、名前がわかってしまうと、普通の商談をしようと思ってもならず警戒されます、思い切った値引きは出さずに他店の様子を伺うことが多くなり、商談もなかなか進まなくなることがありますよ。

競合入札が効果のあるとすれば3月

競合入札をしても効果のある時期があります。

それが3月です。

3月末は、自動車メーカー・ディラーの決算月ということもあり販売台数が重要になってきます。
そのため年間目標に達していないディラーは、遮二無二に車を売りたがります、もちろん営業マンもです。

こんな時期に競合入札の話があれば、「とりあえず値引きに20万のっけて出してみろ(利益度外視)」という事をするお店も出てきます、これに上手く便乗すれば大きな値引きを短期間に獲得できることも・・・あるかもしれません。

成功する確率は、正直言って低いですが、3月といった時期なら、もしかしてという感じですね。



なまぺーじ新車値引き>長期間商談のコツ  【BACK-ひとつ前の所に戻る】