なまぺーじ新車値引情報>最初の見積もりは付属品なしで

最初の見積もりは付属品なしで!

新車購入で最初の見積書を作成してもらうときには、不要な付属品がつけられていないかチェックします。

新車見積りでは付属品が頼まなくても付いている

ディラーで新車見積もりを依頼すると、かなり多くのお店で、頼んでいない付属品が入った見積もりをくれる事が多いです。

フロアマット・バイザーはまだしも、レースのシートカバー、意味不明な愛車セットやJAF加入まで、なにかと見積書に記載してあります。

見積りしてくる理由の多くは、『会社の方針だから』です。

セールスマン自体は価格が上がってしまうので、あまり多くはつけたくないのですが、会社にとっての付属品は重要な収入原です。
このチャンスに、一つでも多く売りたいわけですね。


当然、購入者のとしては不要な付属品は、『すべて省きたい』と言いたいところですよね。

もちろん強気に依頼をすれば、たぶん省けますが、ストレートに言ってしまうと

『あとからタダで欲しいなんて言わないで下さいね』

と釘をさしにくる営業マンもいるでしょう。


 オプションは一つ残してカットする

そこで、ここでは、「買ってもいいんだけど〜」といったそぶりをみせつつ

「他の車の見積もりがフロアマットだけなので・・・」といった感じでマットだけ頼んでおきましょう。

そのほうが交渉がスムーズになります。

付属品は、会社の大事な収入源、全部カットというのはセールスマンの立場上つらいのです。


そして、商談が進み値引きアップが厳しくなってきてから、

『マットのサービスやグレードアップ、カットした付属品の無料サービス』を要求してみます。

場合によっては向こうから申し出てくれるかもしれません。

値引き交渉では、付属品以外の通常のオプションでも、一品一品ひとつひとつ細かく値引きを出すくらいの気持ちでいく事が大事です。




なまぺーじ新車値引き>最初の見積もりは付属品なしで  【BACK-ひとつ前の所に戻る】