なまぺーじ新車値引情報>マイカーリースはお得なのか?

マイカーリースはお得なのか?

マイカーリースや残価設定ローンはお得なのか?どちらも月々の支払いが少なくて、新車に乗る事ができる商品ですが、本当に得なのでしょうか?

マイカーリースと残価設定ローンの違い

マイカーリースと残価設定ローンは、呼び名の違いがあっても概ね同じものです。
車の数年後の価値を見越して、その価値を設定(残存価格)し、新車購入金額からその分を引いた残りの分を契約期間内に分割払いをしてもらいます。
こうすることで、通常よりも月々の支払いを低く抑える事ができます。



契約期間が終了すれば、原則として車は返却するというのが一般的です。


マイカーリースのメリットとデメリット
月々の支払いを抑えることができるますから、ワンランク上の車も容易に乗ることができるのが
マイカーリースの魅力ですが、デメリットも考えてみましょう


マイカーリースのメリット
・頭金がいらない

・月々の支払いを抑える事ができる
(クラス上の車も狙える)

・車に関するコストが常に一定
(税金等が入っている)

・ディラーとの購入交渉がない
(わずらわしい交渉がなく、ある意味で平等)


マイカーリースのデメリット

 ・ リース期間終了後に車を返却する時、車の走行状態によって追加金が請求される事がある
 ・ リース終了後、車両を自分の物にする場合は初めからローンで買ったほうが安い
 ・ 車両の値引きがほとんどなく、リース料を計算されている場合がある
 ・ マイカーリースは自分の車でないので車をいじりたい人にはむいていません。
 ・ 事故やキズ、修理等での価値が下がってしまった場合、終了時に追加金を請求される事がる。
 ・ 運転に自信のない人、運転初心者はよく考えて利用したほうがいいでしょう。


マイカーリースを販売しているところ

マイカーリースは、いまのりくん(オリックス)  ワンナップシステム(オニキス)などの販売会社有名ですが、マイカーリースや残価設定ローンは、上手に販売すると販売店は普通に売るよりも残価の金利でも儲ける事ができます。
そのため、中古車屋・自動車整備工場では、儲かる車両販売として積極的に売っているところが多いです。

そのため、残価設定ローンは、内容は似たか寄ったかですが、いろいろな所、いろいろな名称で販売しています
ジョイカル JOYCAL カーベル Fシステム

また、ディラーやメーカでも販売台数確保のために販売しています。
スズキ残価設定クレジット かえるプラン  日産の残価設定型クレジットなど、国産のほぼすべてのメーカーで販売しています。

マイカーリースを利用するときは、販売会社系、メーカー系、中古車屋等からそれぞれ見積もりと商品特長を
比較するのがオススメします


マイカーリースとローン購入でどっちが安いの?

マイカーリースとローン購入ではどちらが安いのか?
この答えははっきりしています。

車を最後所有するという事で比較すれば、最初からローン購入のほうが安くなるはずです。

車を長く乗りたいのなら、ローンの支払期間を長くすることで月々の支払金額はかなり解消します。

私の個人的な意見ですが、普通の購入ができるのなら、あえてマイカーリースを選ぶ理由はあまりないように思うのですが

 ・ 近い将来結婚などでライフスタイルが変わる可能性がある
 ・ 転勤や進学などで数年だけ車が必要になった
 ・ 車に詳しくないので、全部面倒をみて欲しい

こういった、近々に車の使用状況が変わりそう人の場合、「いまのりくん(オリックス)」のような2年経過すれば返却できるといった内容のマイカーリースを利用するのもいいでしょう。


マイカーリースを利用するときの確認事項

マイカーリースを利用するときに気を付けたいポイントは「返却の時の条件」です。
借りる時はまずトラブルはおこりません、でも数年後の返却時には起きる可能性があります
チェックして欲しい4つの項目について説明します

キズやヘコミについてどうなるか?
長期間使用しているわけですからキズやヘコミなど作ってしまっても不思議ではないですよね。
こういった時に、どういう処理になるのかしっかりと確認しておく必要があります。

走行距離の制限
リース会社によっては、年間や期間の距離制限を設定している場合があります、超えた場合どうなるか確認する必要があります

残価の清算
マイカーリース終了後には、車を査定して時価評価します、このとき残価より高かった場合、キャッシュバックなどあるのか?
逆に低かった場合はどうなるのか、しっかり確認しておきましょう

途中で解約すると
マイカーリースを途中で解約すると、「中途解約金」などと呼ばれる費用が発生します、この計算方法がリース会社ごと違っています。

自分の意志ではなくとも、交通事故などで廃車にした場合も同様の費用が発生しますから、念のために確認をしておくことをオススメします。

損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で愛車の値段を比較して高いほうへ売却するのが大原則!
ただ気をつけて欲しいのが、ディラーと買取店の両方に、「愛車の売り先と買取値段は絶対に教えないこと」です、教えてしまうと、お店によってはディラーと買い取り店で打ち合わせをしてしまい、買取価格を調整してしまうこともあるからです(でした)
下取り車は、最初に「買取店で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的ですね、面倒な買取店への依頼はネット査定の中でもカービュー便利、数分の手間で最大8社へ買い取り依頼を出すことができます。
【カービュー】 あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です。
自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較をみてください、モデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(12/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り


なまぺーじ新車値引き>マイカーリースはお得なのか?  【BACK-ひとつ前の所に戻る】