なまぺーじ新車値引情報>イベント中の値引きなので・・

イベント中の値引きなので・・・

新車販売のセールスマンがよく使うセリフの目的や意味を説明します。
質問に一体どんな意味があるのかわかれば、新車の値引き交渉で自分に有利な
返事をすることができます。


イベント中しかこの値引きは出ません

イベント中しかこの値引きは出せません。
この台詞も、セールスマンがよく使うと思います。

イベント中・キャンペーン期間中・展示会開催中など、表現はお店や営業マンによって様々ですが、言いたい事は『期間限定』を強調して購入を急がせたいということと、『お買い得感をだして値引きを抑えたい』という思惑もあるかもしれません。

こういうことを言われた時は、あせらずに落ち着いて次のような事を伝えてみましょう。

『高い買い物でなので、親と相談しないといけないので、一人ですぐに決められません、とても急には決められないので残念ですが無理なようならあきらめます。』
と、いかにも残念そうな口調で反論しておきましょう。

ほとんどの場合この台詞は、営業側のハッタリですから、『わかりました、多少過ぎても値引きはこの条件になるように努力しますので、是非ご検討お願いします』とか、もう少し積極的な場合、『わかりました、何かご説明など必要でしたらいつでもお伺いしますよ』
といった感じで、心象を悪くしないようにひとまずは引き下がると思います。

それと、『相談をしたい』という事にしておくことで、『この時点でいくら言われても、どうしようもない』『第三者に決定権がある』ということを間接的に伝えておくことにもなりますから、結論を急がされたないように防波堤の役目もはたしてくれます。

商談に慣れていない人は、架空の第三者をでっち上げ盾にする事で、セールスからの攻撃をかわしやすくなることも覚えておきましょう。

さて、話をもどして、値引金額ですが期間外だからといって、値引きが大幅に変わるものではない場合がほとんどです。
少なくとも管理人は、一般車両で値引きを減らした記憶は、ほとんどありませんね、反対に増えたしまった事は数多くありますが・・・

それから、イベント中の金額の多くは、「話題つくり」という意味があって、安くなっているように見える場合が多いです
よくよく計算してみると、たいして安くなっていない場合もありますから、チラシなどの金額は逆算してみるくらいの気持ちが必要です。




なまぺーじ新車値引き>イベント中の値引きなので・・  【BACK-ひとつ前の所に戻る】