なまぺーじ新車値引情報>早くしないと間に合わなく

早く契約しないと・・・・

新車販売のセールスマンがよく使うセリフの目的や意味を説明します。
質問に一体どんな意味があるのかわかれば、新車の値引き交渉で自分に有利な
返事をすることができます。


早くしないと間に合わなくなります

早くしないと間に合わなくなります。
2月末や決算期の3月末など「早く契約しないと間に合わなくなります」
といった契約を急がせるセリフがセールスの口からよく出ます。

このセリフは時期によって、本当の場合と嘘の場合がありますが、
本当の場合は大変少なく、ほとんどの場合、たんに期日をせかして契約させるのが狙いです。

数少ない本当の場合として、購入希望日が2月以上も先なのに言われたりしたときや、
聞いてもいないのに、商談の最初から明確に○ヵ月以上と言ってきた場合などは、
本当に時間がかかっている場合があります。

納車が遅れていて、先の客さんにいろいろと言われてしまい、これ以上、あまり言われるのは嫌なので、
聞かれる前に先に少し長めの納期を言うことが多いです。

たいして調べもせずに、どんな車も「すぐに届きます」と適当なことをいうセールスマンも多いですが・・


【対処法】
ショールームに初訪問したときに、そこのお店の複数車種について「この車って注文するとどれくらいかかるの?」
となんとなく聞いてみました、というようなニュアンスで聞き出しおくといいでしょう。

特に、本命の納期は、2台目か3台目でさりげに聞くようにしておきます。
比較的、正確な納期をセールスマンは言ってしまうと思いますね。
もちろん聞いた納期は覚えておいて商談に生かしてください。



なまぺーじ新車値引き>早くしないと間に合わなく  【BACK-ひとつ前の所に戻る】