なまぺーじ新車値引情報>セールスマンはお芝居上手

セールスマンは、お芝居上手

車の商談では、値引きを引き出すためにも買う側はお芝居をしますが、その対応をするセールスマンも当然ですがお芝居をバンバンします。
 よくやったお芝居

値引き交渉の時の、よくやったお芝居は

『上司と相談してきます』と言って、事務所で休んでいたり。

目の前で電話を上司(嘘)に掛けたフリをして、上司に必至に交渉して値引き額を獲得したように見せかけ、お客さんの心に訴えかけたり。

これ以上の値引きは上司に怒られるなどど、根も葉もない事言ってみたり。

他の人の同じ車の契約書(にせ契約書)をみせて、『皆さんこれくらいで納得してくれています』と言ってみたり。

売れてない車でも、『当店では非常に売れている人気車種です』と強気な事をいってみたり。

一体どの言葉がほんとなのか? と思うくらいにいろいろ言ってました、特に値引きに絡んだ事は、正直に言っていることを探すほうが難しいですね


 セールスマンのお芝居を見抜けるか

さて、ではセールスマンの言葉から、その真意を見抜くことは出来るのか?
営業職の人ならともかく、一般の人が経験もなく見抜くのは大変難しいと思います。

初心者にもできる対応策では、「雑誌やネットなどの値引と比較をしてみる」というのが一番、無難で良いような感じがします。
経験をつむ練習が出来ない以上、自分自身が理論武装したほうが確実です。

例えば、自分で調べた値引相場は20万円あったのに、ディラーの営業マンは10万円の値引とオプションで+α円分の値引しかない場合。
事前に値引を調べてあれば、『これはおかしいかも・・・・』と思えますが、知識がない人は『そうなんだ・・・』と思うしかありません。
問題なのはことは、この時のあなたの反応を営業マンは見逃さないということです。

前者の反応の場合は、顔が『ムム』としたりするので、『このお客さん知識持ってるから、逃げないようにもう少し値引条件をよくしておくか』となります。
後者の場合は、顔が『ハァ』という感じなので、『知識がないから、現金値引きは、ひとまず抑えてみよう』とするはず。

交渉上手になれば、営業マンに感情を読み取らせないのはもちろん、『40万くらいは引いてくれるんじゃないの、ガハハハハ』と嫌味なく言ってのけますが、そうなるまではには、かなり時間がかかりますし、交渉をするような職業についていないと言うタイミングなどつかめずになかなか難しいと思います。

お芝居を見抜くには、いろいろと経験がひつようですから、交渉に自信のない人は、欲しい車の値引額の相場はいくらなのか、車を見に行く前に出来るだけ調べてからお店にいくのがオススメです。。




なまぺーじ新車値引き>セールスマンはお芝居上手  【BACK-ひとつ前の所に戻る】