なまぺーじ新車値引情報>4・5月の新車値引きは少ない

4月 5月の新車値引きは少ない

2月・3月は有利で4・5月は、新車購入には不向きです、なぜそんなことが起こるのか?その大きな理由を説明します。

4・5月の新車値引きが厳しいワケ

値引きを考えると、4月や5月の新車購入はあまりいい月とはいえません。
というのは、2月・3月の一年でもっとも車が売れる忙しい時期を乗り切った直後で、ディーラーも営業マンも力が入りません。

それになんといっても、メーカーからの支援金(報奨金=インセンティブ)もないので燃えません。

メーカーからのインセンティブは、車を売ったら○万円もらえるといった制度ですが、これはディーラーの大きな収入源になります。

インセンティブがある期間は、ディーラーではそのインセンティブを通常の値引きに上乗せしたり、営業マン個人の給与(手当て)に反映させたりして、とにかく車を売りに走らせるわけです。
その結果として、『期間限定爆発値引き』も飛び出すというわけです。


インセンティブがないと・・・

一年でもっとも過激にインセンティブが乱れ飛ぶ時期が、2月・3月ですが、
その直後の4月・5月はまったくそういったものがありません、当然、値引きの上乗せもあまりないわけです。

営業マンも、値引き出せずに商談が難しいこの時期、1台売っても手当ても少ない時期に売るより、
もっと有利な時期に売ったほうがいいと考えるのは当然です。

会社からの販売台数追求にも、『2・3月に目一杯売ったんで、今はネタがありません』
といってしまえばいいですからね。(2・3月にしっかり売っている場合はね)

というわけで、買う側も『値引きが少ない』、
ディーラー・営業マンも『インセンティブがない』といった、新車の購入時期としてはあまりよくないのが4月・5月です


この時期にすること

新車購入はぐっとこらえて、商談よりもカタログやネット見積もりを取る寄せる程度にしておき、
5月連休以降に発売される、NEWモデルやモデルチェンジ車をチェックしておくのがいいと思います。

本命のモデルチェンジのチェックは当然ですが、ライバル車のモデルチェンジも、本命車の値引きに影響しますからね。

6〜7月のボーナス商戦に時期を定めて作戦を練っていきましょう。

損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で愛車の値段を比較するのは必須!このとき気をつけて欲しいのが、ディラーと買取店の両方に、「愛車の売り先と買取値段は絶対に教えないこと」、これを教えてしまうとディラーと買い取り店で打ち合わせをしてしまい、買取価格を調整してしまうこともあるからです(でした)
下取り車は、最初に「買取店で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して一気に依頼をするほうが便利で確実、何十万円も違うときがありますよ
ネット査定の中でカービューは数分の手間で最大8社へ買い取り依頼を出すことができる老舗です。
【カービュー】 あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

新車の自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です。
自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業なので、簡単に出来るようになります。5年くらいの期間で考えても、10万円〜30万円以上の得する事は間違いないでしょう。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(12/1迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り






なまぺーじ新車値引き>4・5月の新車値引きは少ない  【BACK-ひとつ前の所に戻る】