なまぺーじ新車値引情報>下取り対策金

下取り対策金

自動車メーカーは、ディラーが特定の車種を下取りするときに、援助金を出して査定価格よりにプラスの金額をつけてより高い値段で下取りさせることがあります。

下取り対策金とは

車買取店で値段が出る車は、ディラーで査定をしてもすんなり値段が出ますが、買取店で査定したら0円だったときディラーでも0円なのか?

実際には、そうでもない時があります、大きな金額ではないですが、どうみても価値がないような車でも下取りの値段が出る時があるんです。

それは『下取り対策』という名のメーカーから販売応援策が出ているとき。

この下取り対策には、いろいろなパターンがあるのですが、代表的なものは『下取り車があった場合1台につき○万円メーカーが援助金を出します』という無条件のものや、『○○車の下取りの場合○万円』など、ライバル車を落とす為の策が多いです。

買取店で下取り車が0円だった場合でも、ディラーへ行って聞いてみたら、いくらか出たという
話は珍しくないと思いますが、これは、この対策金が絡んでる場合が結構多いからなんですね。


 下取り車がある商談のコツ

商談中に『マイカーの下取りは買取店では0円だったのでディラーはどう?』というような
感じで商談をスタートすると絶対に足元をみてきますから、避けてましょう

ここは『他店では値段がつきそうな感じだったんですが・・』と言っておき、
下取りの値段次第です新車を買うかも・・・といった感じを表現しておきます。
『他店ではどのくらいでした?』としつこく聞いてきたら、『おたくはいくらで買い取ってくれるの?』
と訊き返せばOK、買取値段をいうということは、手の内を見せて話をするようなものですからね

下取りの値段がいくらなのか?は、契約するまでもやもやとさせておいた方がほうがいいと思います。

↑以外に、『下取りキャンペーン』といった、『どんな下取り車でも10万円以上で買い取ります』といったイベントがある場合があります。
この手のイベントはディラーサイド単独で行う事も多く、その時は車両値引額と下取り価格を計算したうえで最高値引き額を設定しています。
つまり、『通常時よりも限界値引き額は低い事が多い』という事です。

これに対抗するには、商談の最初では下取りはないと言っておき、値引きを引き出してから下取り車の存在をアピールし買取を要求する
といったほうが効果的です。

下取り車に関わるイベントがある時期としては、3月・6月・9月・11月が比較的多いですが、7月や12月もイベントをやるときがあります。
いずれにしてもこれらの対策が出ているときは、ディラーもメーカーも販売台数を稼ぎたいわけですから、商談のチャンスといえるでしょう。

それから、買い替えはちょっと先でも、自分の車の値段を知っておく事はけっこう大事です。
上のようなチャンスを逃さない事と大体の車購入予算も立てられますから、愛車の買取価格を知っておいて損はないですね。



なまぺーじ新車値引き>下取り対策金  【BACK-ひとつ前の所に戻る】