なまぺーじ新車値引情報>諸費用カットを断られたとき

諸費用カットを断られたとき

車の値引交渉では、諸費用カットが重要です、この諸費用カットはディラーにとって、重要な儲けの部分です、お店によっては、かたくなに拒否されてしまう場合があります。

諸費用カット

諸費用で、どこのディラーでも、理屈の上でカット出きるのが、
『車庫証明書手続代行費用』『納車費用』と呼ばれる2つです。

ただ、この2つについて、ディーラーの営業マンにカットの打診をしても、初回は断られるはずと思います。
※ 断らない場合は、車両値引きが、すでに絞られている可能性があります。

ここで、断られた時に、多少粘るのは問題ありません。
ただ、商談の最初からあまりしつこく食い下がると営業マンへの印象を悪くします。

最悪なのが、自動車販売協会連合会(通称:ジハンレン)のHPに、『購入者自信が行う場合はカットすべし』というような事が書いてあるぞ』といった感じでカットをせまることです。

このような事を言われると、売る側(営業マン)は、あまり面白くありません、やる気もなくなります、諸費用カットをしても他のところで取り返してやろうと思うことでしょう。
現場のセールスには「自販連」といった組織はあまり関係ないのです。

諸費用カットを迫るには

諸費用のカットを申し出て断られた場合には、ちょっとだけ粘って駄目なら一旦引き下がるのがいいでしょう。
断られても『また後で調整して下さいね』などと言ってソフトに受け流してしまえばOK

そして、商談も終盤になり契約の間際になってから、改めて持ち出してください、今度は要望を聞いてくれる事が多いと思います。

それでも、駄目な場合は、そこの会社の規定で、諸費用カットは厳しく禁じられているのかもしれませんから、
そのままごり押ししても営業を苦しめるだけになる場合もあります。

こういった時には、さっきの自販連の話を持ち出して、そのあとで
『カットできない事情はわかりました、では同程度の、付属品のサービス・燃料の満タン納車、といいった物のサービスをして欲しい』
と要求してみましょう。

無理をいいすぎると、商談を難航させてしまい、結果的に値引きを獲得できなくなる事もあります。
ある程度の妥協案を提示して解決する事も値引き交渉のコツです。


諸費用カットについて自販連ではこのように表現されています。



損しない自動車購入術(全車共通)

下取り車がある時は、ディラーVS買取店(複数)で値段を比較する
下取り車があるときは、ディラーと買い取り店で愛車の値段を比較するのは必須!このとき気をつけて欲しいのが、ディラーと買取店の両方に、「愛車の売り先と買取値段は絶対に教えないこと」、これを教えてしまうとディラーと買い取り店で打ち合わせをしてしまい、買取価格を調整してしまうこともあるからです(でした)
下取り車は、最初に「買取店で比較」次に「ディラーで査定する」といった順番が理想的、面倒な買取店の比較にはネットの一括査定依頼を利用して一気に依頼をするほうが便利で確実、何十万円も違うときがありますよ
ネット査定の中でカービューは数分の手間で最大8社へ買い取り依頼を出すことができる老舗です。

新車の自動車保険は比較して加入
自動車保険も比較して加入するのが賢い方法です。
自動車保険料は、保険会社によって30%〜40%違うと考えて差し支えありません、「当店で加入してくれればもっと値引きできます」といった新車値引きUPをチラつかせるセールスもいますが、価格COMの自動車保険比較を覗いてモデルケースを見るだけでも、自動車保険料が保険会社ごとで大きく違うことがわかると思います。
自動車保険の見積りは、新車見積り依頼や査定依頼と比べると、はっきり言って面倒ですが、一度経験してしまえば翌年からは同じ作業なので、簡単に出来るようになります。5年くらいの期間で考えても、10万円〜30万円以上の得する事は間違いないでしょう。
それから、見積りしただけでプレゼントがもらえる所もありますから、是非がんばってチャレンジして欲しいと思います。

【無料】マックカードが全員に貰える保険一括見積り

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/2迄)

【無料】250万人以上が利用した自動車保険の一括見積り






なまぺーじ新車値引き>諸費用カットを断られたとき  【BACK-ひとつ前の所に戻る】