なまぺーじ新車値引情報>セールスマンが家に来たとき

セールスマンが家に来たとき

セールスマンにとっては、お客さんの家を訪問するのも仕事の内です、そういった時は値引きUPのチャンス。

愛想良く対応が基本


セールスマンが自宅にきたときに、もっとも大事なことは『愛想良く対応する』ということにつきます。

商談が進行して、中盤から終盤にかけての時なら、コーヒーやお菓子など出すくらいサービスしてあげても構いません。

こういった事をされると、セールスマンのあなたに対する印象は格段にUPします。
セールスはお店にもどっても『今日は○○さんのところでお菓子食べたよ』と自慢することもあります。

考えてみれば当たり前で、『好意的に思ってくれる人の為にはがんばりたい』と思うのが、人の心理ですよね。


 お菓子出しが、新人セールスには効果絶大
新人の場合は、持っているお客さんの数も少ない、当然、親しくしてくれるお客さんもごく僅かですから、
ちょっとしたお客さんの気遣いがとても嬉しいのです。

怖い上司も、新人セールスが貴方の厳しい値引き要求を涙ながらに懇願してくると、
『新人だし、ご祝儀を出すか・・』となるからです。
セールスマンを完全に味方につけると、こういった事が起こるようになります。

また、不在時に『偶然近くにきたので寄らせていただきました(嘘)』
といったコメントをいれて名詞を玄関においてくる場合もあります。

そんな名詞を見つけたら、電話してあげるのも効果があります。
経験上、こういった名詞を玄関に挟んでも、ほとんど電話はかかってきません、だからこそ好感度UPに効果があるのです。
『わざわざ来てくれてありがとう、いなくて悪かったね〜』程度の事を伝えるだけで、
セールスからすると十分嬉しい出来事になります。


その反対に『愛想のない、冷たい態度』や『横柄な態度』をとると、上に書いたことが全て反対になってしまいます。
新人で気の弱いセールスだと、逃げちゃう場合もありますよ、商談は人と人が行いますから、
感情が非常に重要になってきますからね。

関係のない話ですが、管理人も沢山のお客さんに接して来ましたが、
営業でお客さんのご自宅訪問したときにケーキを出してくれたお客さんの事(15年以上前ですが)は今でも覚えています。
多分、こういった事を覚えているセールスって結構多いと思いますよ。



なまぺーじ新車値引き>セールスマンが家に来たとき  【BACK-ひとつ前の所に戻る】