ekスペースの新車値引き

ekスペース新車値引目標
姉妹:デイズルークス
車両値引目標 18万円
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

ekスペース値引き状況:2019年4月〜

来年春にフルチェンジモデルの噂が流れていることもあり、値引きは大きく出ています。

商談では、N-BOX・スペーシア引き合いに出してみましょう、多少は話に乗ってくると思います。

付属品の値引きを含めて19万円以上を目指しましょう。


ekスペース値引き状況:2018年10月〜

ekスペースの値引きが緩んできています、今が買い頃になりつつあります。

ekスペースはフルモデルチェンジが近いです、現行モデルは今が値引きの旬と言っていいでしょう。

商談では、N-BOX・スペーシア・タントを引き合いに出して話をしますが、ekとデイズルークスの勝負も効果的です。

付属品の値引きを含めて20万円以上を目指しましょう。

ekスペース値引き状況:2018年7月〜

ekスペースの値引きは、新型になって少し引き絞られましたが、ここにきて緩み始めています。

商談のライバルのN-BOXとスペーシアですが、値引きの多いタントを引き合いに出すのも効果的です。

付属品の値引きを含めて20万円以上を目指しましょう。

ekスペース値引き状況:2018年7月〜

ekスペースの値引きは、新型になって少し引き絞られましたが、激渋ということではなく、7〜8万円の値引きは出てきます。

商談のライバルのN-BOXとスペーシアですが、ここは大盤振る舞い中のタントを引き合いに出して値引きを煽り、煮詰まったところで、N-BOXなどを商談に加えて一騎打ちというのが効果的です。

付属品の値引きを含めて17万円以上を目指しましょう。

ekスペース値引き状況:2018年4月〜
ekスペースの値引きは先月よりも少しだけ緩みました。

軽自動車ですが、コンパクトカー並みの値引きが出ています、黙って座っても15万円程度の値引きがでることも珍しくなく、付属品を付けると20万円の値引きが期待できます。

商談では、N-BOXやスペーシアとの競合が有効ですが、それよりもルークスの商談を進めておいて、値引きが行き詰まってきたところで、ekスペースの登場というのが効果的です。

付属品の値引きを含めて20万円以上を目指してみましょう。

ekスペース値引き状況:2017年10月〜
ekスペースの値引きは先月よりも少しだけ緩んだようです。

もともと値引きが多かったekスペース・デイズルークスですが、ここにきてそれが加速、都心部では20万円を超える値引きになることも珍しくなくなっているようです。

交渉のコツは、N-BOXやタントとの競合、ルークスとekの姉妹車競合が基本にになりますが、経営の異なるミツビシ・ニッサン店へ行けるのなら、積極的に話を持って行ってみましょう。

ekスペース・デイズルークスの値引き目標は、車両と付属品の値引きを入れて20万円以上を目指して見てください。

ekスペース値引き状況:2017年7月〜
ekスペースの値引きは先月よりまた緩んでいます。

どうも、新型N-BOXにお客を取られないように、値引きでつなぎとめているような感じです。

商談では、新型N-BOXを引き合いに出して、商談を開始しましょう、値引きではekが圧倒的に有利なはずですが、相手は人気のN-BOXそれも新型ですから、「新型だしな〜う〜んう〜ん」と迷ったふりをすれば、おのずとガードが緩んでくる気がします。

もちろん、ルークスvsekといった、姉妹車の争いも忘れずに

車両と付属品の値引きを入れて20万円以上を目指して頑張りましょう。

ekスペース値引き状況:2017年6月〜
ekスペースの値引きは先月よりさらに緩みました。

ekスペースは、軽自動車でも、車両価格が120万円以上するので、コンパクトカー並みの値引きが出ていますね

夏のボーナス商戦を控えて、値引き勝負してくるお店が増えてきているのが現状です、目標は16万円ですが、実際はこれよりも数万円のプラスしてもいいでしょう。

商談では、N-BOXやタントを引き合いに出しで値引きをUPさせ、最後にekスペースとデイズルークスの一騎打ちで決着が大きな流れ

値引き目標は、付属品の値引きを含めて20万円以上を目指してみましょう。

ekスペース値引き状況:2017年5月〜
ekスペースの値引きは緩んできています。

商談では、値引きが多い近々フルモデルチェンジ予定のN-BOXを引き合いに出して「新型N-BOXを検討しているが、値引き次第では他車でもいいかなと思っている」という感じで、値引きを迫ると良いでしょう。

また、ルークス対ekスペースの戦いも効果的です。

値引き目標は、付属品の値引きを含めて18万円以上を目指ましょう。

ekスペース値引き状況:2017年4月〜
ekスペースの値引きは緩んできています。
付属品の値引きを含めると15万円前後で契約をするケースが増えてきています、「軽自動車なので値引きはあまりできません」というようなセールスマンの常套句は、ekスペースには通用しませんね。

商談の基本は、ニッサンとミツビシの争いに、ホンダのN-BOXやダイハツのタントを絡めること、特に大都市部では20万円オーバーも飛び出す場合がありますから、競合をしっかり行いましょう。

値引き目標は、付属品の値引きを含めて18万円を目指してみましょう。

ekスペース値引き状況:2017年2月〜
ekスペースの値引きは、少しづつ緩んできています。
年明けの商談では、付属品の値引きを含めて15万円前後のでの契約がおおかったようです。

これから3月の決算期にむかって、さらに値引き拡大に期待が持てます、納期にゆとりがあるなら、多少、商談をゆっくり行ってもいいと思います

ekスペースの値引きは、車両本体と付属品で16万円を目指して頑張ってみましょう。

2017年1月値引き状況
ekスペースの値引きは12月のマイナーチェンジで引き締めに入っています。
値引き交渉では、ホンダのN-BOXをぶつけること、ダイハツのタントもかなり有効です、また、ekスペースは大都市の方が値引きが緩い傾向にあります。

値引き目標として、車両本体と付属品で14万円以上めざしましょう。

2016年4月値引き状況
ekスペースの値引きは、現在、大爆発中で15万円程度は、ちょっとの交渉で引き出すことが出来るでしょう、新車の値引きにこだわるなら20万円は引っ張り出したいところです。

ただ、問題は、現在、ekシリーズ(ニッサン:デイズ)は、燃費の測定方法が正しくなっかった事で、販売が中断されている事、また、今後の販売の継続展開もわからなくなってしまっていることです、ekとデイズの商談は、メーカーの対応を少し見ていた方が良いと思います。

2016年3月値引き状況
ekスペースの値引きは、一部改良をしたのでわずかですが引き絞られました、もともと、大きな値引きはあまり期待出来ない車ですが、値引きが少なくても割高感があるというほどではありません。

ekスペース

登場年月:2014/02
最新改良:2015/04
価格帯 :125-193万円
競合車 :N BOX タント 
買取価格:期待できる

保険料の割引が多い人は通販系が安く、割引が少ない人は代理店系の保険が安い、こういった傾向が強くなってきているのが自動車保険です
割引が多いから・・少ないから・・見直さない、すごくもったいないです、まずは一度比較してみることをオススメします。
自動車保険は、10年で10回、20年では20回も掛けますから早めに見直すほど節約できます。

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント


ガソリンは現金で入れるよりもカード払の方がお得に入れられます、カード払いなら会員価格で入れられるだけでなく、ポイント特典や施設の優待利用といった特典がありますからね。





なまぺーじ新車値引きニッサン値引き>ekスペース値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】