なまぺーじ新車値引情報>車の査定料ってなに?

車の査定料ってなに?

車の販売店で、下取り車を査定してもらうと、「査定料」という項目があってお金が掛かっていることがあります。
査定料はなんなのか? 査定料は必要なの?査定料のホントノ意味を説明します。

車の査定料っていったいなんの?

査定料は、「今乗っている車の買い取り金額を出す」というために行う、自動車販売店の作業代です。

という、「なるほど作業代か、なら必要なのかぁ〜」と思う人も多いでしょう、でも、実際「査定料」は、自動車販売店の手数料収入のためにあるのです。

査定作業自体は、それほど大変なことではありませんし、査定料金も、お店によってマチマチで3,000円〜15,000円といった感じです、つまり明確な基準もないといっていいでしょう、しいて言うなら、その地域での「査定料相場」に合わせていることが多いです。

査定料については、自動車販売店からすると「いろんな言い分」はあります、でも、やはり「自動車販売店の収益を上げるためだけの物」と言い切っていいでしょうね。
なぜなら査定料は、値引きのクッションに使われることが多いからです

査定料は値引きのクッション

査定料は、お客さんから値引き要求された時に「それでは、査定料の○万円を値引きさせて頂きます」といった感じで値引きのクッションのような役割をさせるディラーもあります。

特に、新車販売時にこういったケースが目立ちますね、確かに金額的にはお得になるワケですが、もし査定料金も取っていない買い取り店で、同じ値段で車が売れれば、これはまったく意味のない値引きになりますから、見せ掛けの値引きと言っていいでしょう。

最近の良心的なディラーでは、「当社は査定料をいただきません」という所もあります、こういったお店は、親切・丁寧な良いお店が多いのが特徴です。



車買取店は、査定料を取っていない!

自動車販売店では当たり前に取っている査定料ですが、車の買取店で査定料を取るお店を私は知りません、車の買取店は、「商売として仕入れ(車を買い取る)のだから、それに金額を掛けるのはおかしい」という考え方と、「自動車販売店よりもお得なことをPRできるので買取が有利になる」といった意味合いが強いのだと思います。

また、車買取店は査定料を取らないばかりか、買取金額も高いことが多いので、30万円の買い取り価格の車でも、買取店と自動車販売店では、5〜10万円違うこともあります。
ここに査定料が「ある」「ない」のでは、その支払額が大きく違ってくるのは当然です。

下取車があるときには、自動車販売店の査定だけでなく、自動車買取店とも比較をしないと、

何十万円も損をする!

こんなことが、ごく普通に当たり前に起こっていますから、気をつけて下さいね。

最近のネット買取比較サイトはスゴイ!

当サイトを立ち上げたときには、車の買い取り比較サイトというと、正直「カビュー」くらいしか、まともなのがなかったんですが、最近はネット環境も整ったり、技術革新があったりして、いろんな買取比較サイトが登場して、独自のサービスを展開しています。

もう買取店の比較じゃなくて、「買取比較サイトを比較する」という、ちょっとアンタ何を言ってるの?わかんないヨ!というような感じです。
面倒だな〜、別にいいよ、と思う人も多いでしょう、でも車の買取額は「何十時間も交渉して新車値引きUPした額」を「数秒で吹き飛す」こういことが普通に起こりますし、今も起こっています。

車の買い取りサイトでは、キャンペーンやイベントをやっていることも多いので、同じ買取金額でも、もっと得なる事もありますから、出きるだけいろんな買取サイトを見て回って一番お得なところから依頼しましょう。

大体ですが、ネットの買取比較サイトの場合は、「大手の加盟しているお店はほぼ同じ」ですから、どこで査定をしても大差がないことが多いです、一番お得にやってくれそうなところを利用するのが賢い方法ですよ。



【一括査定.com】

ユーポス

ズバット車買取比較
カーセンサー

 ガリバー
カービュー
【楽天】中古車買取査定市場

なまぺーじ新車値引き>車の査定料ってなに?  【BACK-ひとつ前の所に戻る】