なまぺーじ新車値引情報>都会の新車値引きが多いワケ

都会の新車値引きが多いワケ

新車の値引きでは、都会のほうが値引き金額が多いことがホトンドです。
大都市と地方では、同じ車でも値引きが「10万円も違う」なんて事も珍しくありません。

なぜ同じ車なのに値引きが違ってくるのか、都会のほうが値引きが多いのか
不思議に感じる方も多いのでちょっと説明します。

大都市は新車販売店が多く競争がとても激しい


大都市では「新車値引きが多い」とよく言われます。
この理由は、とっても単純で「新車販売店が複数ある」という理由です。

特に「競合店が多い」「経営の違う同じ車を売っているお店が多い」のが理由です、お店が多い大都市では、当然ライバル店も多くなり、車を買う人も複数のお店に行って新車値引き交渉をします。

どの新車販売店も一台でも多く売るために、他店には負けない値引きを出してきますから、沢山のお店に行った方が、自然と値引きが多くなることになります。

その一方で地方では、お店の数が限らていますから、他店での商談の回数自体が少ないですから
値引きの上乗せをする理由がお店側でないのです。

大都市のディラーは目標台数が多い


大都市と地方では、店構えは同じくらいに見えても、メーカーと約束した目標台数(協定台数)は、大都市のお店のほうが圧倒的に多く、セールスマン一人当たりの目標台数も同じように多くなります。

ディラーは協定台数を達成するために、地方のディラーよりも「セールスマン一人の値引き枠」を多くして1台でも多く売れるように、セールスマンのお尻を叩きます。
結果的に、セールスマンは与えられた値引き枠をたくさん使って新車を売るので、値引きが地方よりも多くなるわけです。


ディラーへのバックマージンが違う


値引き交渉とは直接関係ないのですが、メーカーがディラーへ支払うバックマージンが「都会のほうが多い」という事があります。
このバックマージンの事を、「販売奨励金」とか「インセンティブ」とも言いますね

バックマージンは、年間の販売台数に応じて決められるので、車を沢山売る都会のお店の方が、バックマージンの金額が地方のお店の方が多いのです。
絶対的なバックマージンの金額が多い分、それを値引きに反映させたり、お客さんへ還元したりできるわけです。


地方都市の値引きはどうなの?


大都市でない地方都市の値引きはどうか?

まず、大都市部というのは「東京・横浜・大阪」周辺となります、次に準じるのは、「名古屋・京都・神戸・福岡」といったところです。
そういったところのディラーセールスと話すと、ちょっと値引きが多いな〜と思う時がありました。

逆に、北海道・東北・九州・四国・日本海側は、全般的に値引きが渋い感じです。

それ以外の、一般的に大都市といわれる街、例えば「札幌・仙台・広島」などは、かなり大きな街ですが、それほど値引きが多いということ感じたことはありません。

新車の値引きを追及するなら、「地方より都会で、都会よりも、大都市で」といった感じで商談をした方がいいでしょう。
特に、地方でも人口数万人の街ですと、値引きはお店の言うがままです。
越境とまではいかなくても、人口数十万人の中核都市で商談したほうがよいでしょう、特に経営が違うお店が多い、スズキ・ダイハツ・ホンダは値引きに差が出ることが多いですね。



なまぺーじ新車値引き>都会の新車値引きが多いワケ  【BACK-ひとつ前の所に戻る】