なまぺーじ新車値引きトヨタ車の新車値引き>エスティマの新車値引き

エスティマの新車値引き

エスティマ新車値引目標
値引目標 35万円

エスティマ値引き:最新
6月にマイナーチェンジのエスティマ、毎月毎月値引きが緩んでいる状態です、もしかすると年末に向けてさらに値引きが増えそうな気配。

モデル末期と思われていることあり、相当厳しい値引きを要求してくるお客さんもいるとか。

商談のコツは、カローラ店とトヨタ店の争いに持ち込むこと、ですが、ここはガンガン強気な押しの交渉で値引きを獲得しましょう。
付属品からの値引きを含めて40万円オーバーを狙ってみて下さい。

2016年9月エスティマ値引き
毎月値引きが緩んでいるエスティマ、モデルチェンジをしたわりにウケがイマイなのかも、あと数万円で「激安」に突入しそうな勢いです、思ったよりも早く値引きが崩れていますね。
商談のコツは、カローラ店とトヨタ店の争いに持ち込むこと、全国的にはカローラ店のほうがガードが緩いので、最初はカローラ店vsトヨタ店で、煮詰まったところで、越境などして経営の違うカローラ店orトヨタ店を引き合いに出して決めるのもいいかと。
大都市部では付属品を含めての値引きが35万円以上のケースも珍しくないようです。

2016年8月エスティマ値引き
マイナーチェンジで引き絞られた値引きが、あっという間に緩んでいます、交渉の仕方次第で大きな値引きが期待出来ますよ。
攻略のコツは、トヨタ店とカローラ店の勝負に持ち込むこと、競合も他社メーカーよりもアルファード/ベルファイアといった、トヨタ同士が効果的です。
大都市部だと付属品から値引きを含め40万円オーバーも

2016年6月エスティマ値引状況
6月にマイナーチェンジ予定のエスティマ、新型車は20万円前後の値引きでストップを掛けてくるとハズです。
6・7月はかなり、渋いはずですから、値引きを狙うなら8月以降のほうが良いでしょう。
そうでなければ、トヨペットとカローラ店で勝負、同時に、県外へ越境して交渉を、大都市部では思わぬ値引きが出ることもあります。

2016年5月エスティマ値引状況
連休明けくらいから、新型の商談が出来るはずです、新型は久しぶりのマイナーチェンジで大きく値引き引き絞ってくるでしょう、発売直後は20万円くらいが値引きの上限で、あとは付属品からの値引きを狙ってほうがうまくかも

2016年4月エスティマ値引状況
マイナーチェンジを理由にして、値引きを引き締めてたいお店が多いようですが、交渉すると値引きは多いです。

2016年3月エスティマ値引状況
エスティマは、6月にマイナーチェンジとの情報が出ているので、現行モデルを大爆発セール中とのこと、値引きを渋るお店には「新型が出てから考えようか、アルファード(ベルファイア)でもいいかな〜」といった、そっけない態度を取れば、セールスの表情が豹変するかも

エスティマ豆知識

エスティマは人気と実力を兼ね備えたLクラスを代表するミニバン、流麗なスタイルと多彩なシートアレンジが売り、3列目を床下格納式にしているので2列目シートのロングスライドが可能になり広大なレッグスペースを作り出しています。

登場年月:06年01月
最新改良:13年05月
販売店:トヨタ店・カローラ店
価格帯:282-426万円
競合車:アルファード/ヴェルファイヤ
現在の納期:1-2ヶ月

エスティマ年間販売台数

2012年 39,331台
2011年 32,901台
2010年 50,053台
2009年 38,893台
2008年 49,600台

エスティマ車名の由来

英語のEstimable(尊敬すべき)から作ったことば。
トヨタ(トヨタ自動車株式会社)公式サイト http://toyota.jp

←新車見積り
訪問・電話は
ありません

入会費・年会費永年無料
入会で2000ポイント、キャンペーン時なら8000ポイントがもらえる時も、ポイントでETC車載器・旅行代・TOHOの映画チケット代もOK


保険料の割引が多い人は通販系が安く、割引が少ない人は代理店系の保険が安い、こういった傾向が強くなってきているのが自動車保険です
割引が多いから・・少ないから・・見直さない、すごくもったいないです、まずは一度比較してみることをオススメします。
自動車保険は、10年で10回、20年では20回も掛けますから早めに見直すほど節約できます。

*500円マックカードプレゼント付*自動車保険見直しキャンペーン

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント (6/1迄)


ガソリンは現金で入れるよりもカード払の方がお得に入れられます、カード払いなら会員価格で入れられるだけでなく、ポイント特典や施設の優待利用といった特典がありますからね。

新車値引より効果的な「下取り価格UP」

ディラーの下取り価格(査定価格)は相場よりかなり低い事が多いです。
ディラーは下取り車で損をすることを、すごく恐れて相場よりもかなり低い値段を付けているからです。

ディラーとは反対に、車の買取店では、ガリバー、アップルといった大手はもちろん、地元のチェーン店も負けずに高値を付けてきます。
買取店は車を買い取れないと商売になりませんから、少しでも他店より高く、相場ギリギリの値段をつけてくるからです。
売る側の私たちからみると、ディラーも買取店も同じように見えるかもしれませんが、実際には「まったく違う」というのが実情です
ディラーで30万円と言われた車が、買取店では40万円だった、なんてことは普通の事です。

ただ、買取店も「ライバル店がいないなら安く買い取りたい」という思うのは当然ですから、査定価格20万円だったのに
他の買取店の話をしたら30万や35万になったということも起こります。
買取店の買取価格も1社だと必ずしも相場どうりではないので、複数社で買取価格を出して比較する事がとても重要なのです。

WEBからの無料査定申し込みでは、買取店側はライバルがいることがわかりので欲しい車なら最初から高値を付けてきます。
「高額査定が続々と・・」「高額買取のこだわり続けて・・」とかの宣伝文句もあながち間違ったことを言っているわけではありませんよ


カービュー カンタン約3分のオンライン車査定  複数の買取店に一度に査定を申し込めます、大きな買取店が登録されているので高額査定が期待できます。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定 日本の車の買取の30%以上の買取実績で高確率で高値が出る、売却後のアフターも問題なし



なまぺーじ新車値引きトヨタ値引き>エスティマの新車値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】