なまぺーじ新車値引きトヨタ車の新車値引き>ハイエースの新車値引き

ハイエースの新車値引き

ハイエース新車値引目標
値引目標 28万円

2017年3月
根強い人気のあるハイエースワゴンまた少し緩んできています、目標を28万円としましたが、大都市部ではさらに上乗せが可能です。
特に東京ではトヨタ店でも併売しているので、お店も上乗せがしやすくチャンスです。
付属品からの値引きを含めると35万円くらいを狙いたいところです。

2017年1月
根強い人気のあるハイエースワゴンの値引きは少し緩んできています。
商談では、ニッサンNV350と競合することが多いです、どちらもお互いをライバルと強く意識しているので、商談では必ず競合させましょう。

付属品からの値引きを含めると35万円くらいを狙いたいところです。

2016年7月
ハイエースワゴンの値引きは、一部改良をしたので値引きを引き締めているディラーが目立ちます、商談の展開次第では20万円程度で値引きがストップすることもあるようです。
NV350キャラバンとの競合は必須で、隣県に越境できる場合はそちらも視野にいれて商談しましょう

2016年6月
ハイエースワゴンは、トヨペット店の専売車ですが、おもったよりも値引きは出ています、ただし、車両価格から考えると「お買い得…」とはいいがたい車なので、じっくる交渉をすすめましょう。
NV350(ニッサン)を引き合いにだして、「日産は頑張ってくれてるんだけど…」などと言って、上乗せを要求してみて下さい。

2016年3月
ハイエースの値引きは出ていますが、交渉次第でとても渋くなる時がありますから、しっかり値引き交渉する必要があります。

ハイエース値引き交渉のコツ

ハイエースはトヨペットの専売なので、商談をするとかなり強気な感じが目立ちます、20万円以下で話しをまとめてくるようなお店が多いです。

他にはあまり見られない、個性的な車なので一部の人達に絶大な支持を受けているのがハイエースです。

「ハイエースしかない!」というような感じで商談をしてしまうと、足元をみられて、商談がスムーズに進まないこともあります。

競合車としてNV350キャラバン(ニッサン)を引き合いに出して値引きの上乗せを要求しましょう。
値引き自体は、交渉次第で出ている車なので、すこし時間をかけてじっくり商談したほうがいい場合があります。

少し裏ワザですが、ハイエースの場合、ビジネスで沢山使っているお店や会社があります、そういったところの車両担当者などに相談して、口利きしてもらうと値引きを上乗せしてくれることがあります、これは商用車ならでは裏技になりますね。

東京ではトヨタ店も販売しているので経営が違うお店同士で競合が出来るようならガンガンいきましょう。

ハイエース豆知識

登場年月:04年08月
最新改良:14年12月
販売店 :トヨペット店
価格帯 :267-379万円
競合車 :NV350キャラバン
買取価格:少し期待できる
現在納期:1-2ヶ月

ハイエース年間販売台数


ハイエース車名の由来

語源はトヨエースに由来し、英語で「高級な」「より優れた」という意味のHighとAceの合成語です

トヨタ(トヨタ自動車株式会社)公式サイト http://toyota.jp

←新車見積り
訪問・電話は
ありません

入会費・年会費永年無料
入会で2000ポイント、キャンペーン時なら8000ポイントがもらえる時も、ポイントでETC車載器・旅行代・TOHOの映画チケット代もOK


保険料の割引が多い人は通販系が安く、割引が少ない人は代理店系の保険が安い、こういった傾向が強くなってきているのが自動車保険です
割引が多いから・・少ないから・・見直さない、すごくもったいないです、まずは一度比較してみることをオススメします。
自動車保険は、10年で10回、20年では20回も掛けますから早めに見直すほど節約できます。

*500円マックカードプレゼント付*自動車保険見直しキャンペーン

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント (6/1迄)


ガソリンは現金で入れるよりもカード払の方がお得に入れられます、カード払いなら会員価格で入れられるだけでなく、ポイント特典や施設の優待利用といった特典がありますからね。


新車値引より効果的な「下取り価格UP」

ディラーの下取り価格は、本来の買取相場よりもかなり低くなっています、ディラーは下取り車で「絶対に損したくない」からです。

反対に車の買取店(ガリバー、アップル等)や、地元のチェーン店は、ディラーが驚くような高値を付けてきます。
買取店は、「出来るだけ短時間」で、たくさん車を買い取って、たくさんオークションで売りたいからです。

お客さんからみると、ディラーも買取店も同じように見えるかもしれません、でも、実際にはまったく違っていて、ディラーで20万円と言われた車が、買取店では40万円だった、なんてことはごく普通ですね。

ただし、いくら買取店のほうが高値が付きやすいとといっても、「ライバル店がいないなら安く買い取りたい」と思ってます、最初は買取価格20万円だった車が、他の買取店の話をしたら「いまなら30万円でもいいですよ」なんてことも平然とおこりますよ。
買取店も「1社だと必ずしも相場どうりではない」ということですネ。

ところがWEBからの無料査定を利用すると、買取店依頼をした時点で「ライバル店がいるかもしれない」という前提で値付けします、特に欲しい車なら、最初から高値を付けて一気に勝負をしてくるはず、「出来るだけ短時間」を目指してますからね、こんな理由で「高額査定が続々と・・」「高額買取のこだわり続けて・・」といった宣伝文句のようなことが本当に起こります。


《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定
加盟店数は大手を含め150社以上と日本最大級、高額査定が期待できます。

カーセンサー 無料で一括診断!あなたの愛車査定
最近加盟店がふえてきています、カービューには登録されていない買取店も多数あります。

ガリバー あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定
日本の車の買取の30%以上の買取実績で高確率で高値が出る、売却後のアフターも問題なし



なまぺーじ新車値引きトヨタ値引き>ハイエース値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】