なまぺーじ新車値引きトヨタ車の新車値引き>ランドクルーザーの新車値引き

ランドクルーザーの新車値引き

ランドクルーザー新車値引目標
車両値引目標 36万円

ランドクルーザー値引状況:2017年5月〜
ランドクルーザーの値引きはさらに拡大中です、今が買いごろ、お買い得といった状況でしょうか、3月の決算期には大幅値引きが各地で大発生、その余波がいまだにある状況です。

商談では、BMW・XやアウディQ、VWトゥアレグなどの輸入車を競合車として引き合いに出して商談しましょ、残念ですが、国産の他メーカーのSUV車では車格が違うので競合になりにくいです。

ただ、ランドクルーザーはリセールがとても期待できる車種なので、値引きはソコソコしかなくても、最終的にお買い得感が高いという特徴があります。

ランドクルーザーの値引き目標は、付属品からの値引きを含めて40万円以上を狙ってみましょう。

ランドクルーザー値引状況:2017年3月〜
ランドクルーザーの値引きは拡大中で、やっと値引きらしい値引き額になってきました、値引き額は大きいですが車両価格を考えると「爆発中」とは、まだまだほど遠いですけどね。

商談では、BMW・XやアウディQ、VWトゥアレグなどの輸入車を競合車として引き合いに出して商談しましょ、残念ですが、国産の他メーカーのSUV車では車格が違うので競合になりにくいです。

ただ、ランドクルーザーはリセールがとても期待できる車種なので、値引きはソコソコしかなくても、最終的にお買い得感が高いという特徴があります。

ランドクルーザーの値引き目標は、付属品からの値引きを含めて34万円以上を狙ってみましょう。

ランドクルーザー値引状況:2016年10月〜
発売から9年目となり、そろそろモデルチェンジのうわさも出てきています、一説には来年後半にはフルモデルチェンジされるかも…

ただ、ランドクルーザー、価格を考慮した値引き額からすると、超人気車といっていいでしょう。
9年目にして、値引き額が10%もないわけですから、激戦区のミニバンやコンパクトカーとは次元が違っていますね。
まぁ、それでも絶対的な値引き金額が多いのは、多少救いでもあります。

・商談では越境を視野に入れる事
・競合車は輸入SUV

この二つを視野に入れて商談しましょう、特に競合車では国産車でライバルはいません、パジェロの最上級車でランドクルーザーのベーシックグレードにやっと手が届く…といった価格帯です。

競合では、BMW・Xシリーズ アウディーQシリーズ VWトゥアグレなど輸入車と競合させましょう。

値引き目標は35万円オーバーを!!

ランドクルーザー概略

ランドクルーザーはランドクルーザーのタフなイメージをのこしつつ、カジュアルな雰囲気に仕上げた車、都会からオフロードまで似合う本格クロカン、視界が広く、大きさにお割に運転しやすいモデルです。

登場年月:2007/09
最新改良:2015/08
販売店 :トヨタ店 (大阪はトヨペット店)
価格帯 :472-682万円
競合車 :輸入車SUV
買取価格:超期待できる

ランドクルーザー年間販売台数

年度  登録台数  
2014年 14,920
2013年 9,600
2012年 11,430
2011年 9,273
2010年 6,610
2009年 6,601
2008年 8,830


ラドクルーザー車名の由来

ランドクルーザー、ランドは英語のランド(Land)「陸」、クルーザー(Cruiser)は「巡洋艦」で「陸の巡洋艦」という意味。「」はポルトガル語で「平原」という意味です。
トヨタ(トヨタ自動車株式会社)公式サイト
http://toyota.jp

←新車見積り
訪問・電話は
ありません

入会費・年会費永年無料
入会で2000ポイント、キャンペーン時なら8000ポイントがもらえる時も、ポイントでETC車載器・旅行代・TOHOの映画チケット代もOK


保険料の割引が多い人は通販系が安く、割引が少ない人は代理店系の保険が安い、こういった傾向が強くなってきているのが自動車保険です
割引が多いから・・少ないから・・見直さない、すごくもったいないです、まずは一度比較してみることをオススメします。
自動車保険は、10年で10回、20年では20回も掛けますから早めに見直すほど節約できます。

*500円マックカードプレゼント付*自動車保険見直しキャンペーン

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント (8/1迄)


ガソリンは現金で入れるよりもカード払の方がお得に入れられます、カード払いなら会員価格で入れられるだけでなく、ポイント特典や施設の優待利用といった特典がありますからね。


新車値引より効果的な「下取り価格UP」

ディラーの下取り価格は、本来の買取相場よりもかなり低くなっています、ディラーは下取り車で「絶対に損したくない」からです。

反対に車の買取店(ガリバー、アップル等)や、地元のチェーン店は、ディラーが驚くような高値を付けてきます。
買取店は、「出来るだけ短時間」で、たくさん車を買い取って、たくさんオークションで売りたいからです。

お客さんからみると、ディラーも買取店も同じように見えるかもしれません、でも、実際にはまったく違っていて、ディラーで20万円と言われた車が、買取店では40万円だった、なんてことはごく普通ですね。

ただし、いくら買取店のほうが高値が付きやすいとといっても、「ライバル店がいないなら安く買い取りたい」と思ってます、最初は買取価格20万円だった車が、他の買取店の話をしたら「いまなら30万円でもいいですよ」なんてことも平然とおこりますよ。
買取店も「1社だと必ずしも相場どうりではない」ということですネ。

ところがWEBからの無料査定を利用すると、買取店依頼をした時点で「ライバル店がいるかもしれない」という前提で値付けします、特に欲しい車なら、最初から高値を付けて一気に勝負をしてくるはず、「出来るだけ短時間」を目指してますからね、こんな理由で「高額査定が続々と・・」「高額買取のこだわり続けて・・」といった宣伝文句のようなことが本当に起こります。


《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定
加盟店数は大手を含め150社以上と日本最大級、高額査定が期待できます。

カーセンサー 無料で一括診断!あなたの愛車査定
最近加盟店がふえてきています、カービューには登録されていない買取店も多数あります。

ガリバー あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定
日本の車の買取の30%以上の買取実績で高確率で高値が出る、売却後のアフターも問題なし



なまぺーじ新車値引きトヨタ値引き>ランドクルーザー値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】