プリウスPHVの値引き

プリウスPHV新車値引目標
値引き目標 10万円

プリウスPHV値引き状況:2017年6月〜
プリウスPHVの値引きは、先月に比べて一気に2倍になりました、が、もともとの値引きが5万円程度と車両価格を考えると「しんじられない〜」というくらいの激渋状態でしたので、焼け石に水といった感じです。

今年から補助金が20万円に増えているで、そちらでは多少のお得感が出てきています。

商談のコツは、プリウス同様に「すべてのトヨタディラーで話をする」事しかありません、目立った競合車も現状ではありませんので、値引き交渉は厳しくなりそうです。

値引き目標としては、オプション品プレゼントの5万円を含めて15万円を目指してみましょう。


プリウスPHV値引き状況:2017年1月〜
2016年年末に登場する予定のプリウスですが、諸事情により延期になっています、予定では2017年2月からの発売予定で、昨年末には予約販売を実施しているようです。

発売が遅れたので値引きにも多少の影響があるかと思いましたが、まったくなし、通常のプリウスは値引きが緩んできていますが、PHVに関してはまったく関係ないようで、一桁台の値引きがほとんど、付属品からの値引きを入れても10万円行けば大成功といったところ。

いましばらく強気な販売が続きそうな感じです、値引きを求めるなら落ち着くまで様子見が正解でしょう。

トヨタ全店で取り扱っていますから、すべてのお店で商談し一番良かったところでの契約を!


プリウスPHV値引き状況:2016年8月〜
秋に発売される予定のプリウスPHV、前のモデルがハイブリット+αという感じのモデルだったのが、今回はかなり電気自動車に近づいた感じです、満タン充電なら50km以上電気で走れるので、自宅で毎日充電すれば、日常使いならガソリンがいらない人も出そうな気がしますう。

そんな半分電気自動車のようなプリウスPHVですが、予想される値引きは「超渋い」値引き交渉が出来るようになるのは来年以降かも

こういう場合は、現金値引きは粘っても増えませんので、アクセサリーやディラーのオリジナルサービス品(ボディーコーティング等)を、おねだりしたほうが話がスムーズに進みます。

プリウスPHVの値引き目標としては、付属品からの値引きを含めて10万円を引き出すつもりで交渉してみましょう。

プリウスPHV

プリウスPHVは、一日の走行距離が短いとハイブリッドの長所が生かせない弱点を克服しようとした車で、満充電の場合26.4qを電気だけで走る事が出来るようにしました。日常、市街地走行程度の短距離走行しかしないユーザーにとって電気自動車と同じで給油をほとんど必要としなくなります。

現行登場:17年2月
最新改良:未実施
販売店 :トヨタ全店
価格帯 :326-422万円
競合車 :なし
買取価格:良い

http://toyota.jp

入会費・年会費永年無料
入会で2000ポイント、キャンペーン時なら8000ポイントがもらえる時も、ポイントでETC車載器・旅行代・TOHOの映画チケット代もOK


保険料の割引が多い人は通販系が安く、割引が少ない人は代理店系の保険が安い、こういった傾向が強くなってきているのが自動車保険です
割引が多いから・・少ないから・・見直さない、すごくもったいないです、まずは一度比較してみることをオススメします。
自動車保険は、10年で10回、20年では20回も掛けますから早めに見直すほど節約できます。

*500円マックカードプレゼント付*自動車保険見直しキャンペーン

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(10/2迄)


ガソリンは現金で入れるよりもカード払の方がお得に入れられます、カード払いなら会員価格で入れられるだけでなく、ポイント特典や施設の優待利用といった特典がありますからね。


なまぺーじ新車値引きトヨタ値引き>プリウスPHV値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】