シエンタの新車値引き

シエンタ新車値引目標
値引目標 18万円

2017年2月シエンタ値引き状況
シエンタの値引きは先月よりもさらに値引きアップ。
発売当初の熱も冷めた様なので、これから3月の決算期にむけて値引きが加速しそうな感じがします。

商談では、ホンダのフリードを引き合いに出すのが定番ですが、シエンタはトヨタ4系列すべてで取り扱っています、最後は「トヨタ店同士で勝負」させて決着を。

シエンタの値引きは、付属品からの値引きを含めて20万以上を、上級グレードなら25万円を目指してみましょう。

2017年1月シエンタ値引き状況
シエンタの値引きは、すこしだけ緩くなってきました。
発売当初は、数か月待ちもありましたが、最近では2か月以内の納車になってきています。

商談では、ホンダのフリードを引き合いに出すのが定番ですが、シエンタはトヨタ4系列すべてで取り扱っているので、最後は「トヨタ店同士で勝負」させて決着させましょう。

シエンタの値引きは、付属品からの値引きを含めて20万くらいを目指してみましょう。

2016年12月シエンタ値引き状況
シエンタの値引きは、決算終了後に引き絞られました。
「値引きは5万円まで」といった強気なお店も出てきています。

商談では、新型フリードと競わせるよりも、経営の違うトヨタ4系列で値引き合戦をさせるのが、一番効果的なようです。

また、地方は値引きが渋く、都会では比較的緩むことが多いので、大都市へ越境商談を積極的におこないましょう。

値引き目標は15万円オーバーを、大都市部なら20万円を目標にして交渉してみましょう。

2016年11月シエンタ値引き状況
シエンタの値引きは大きく緩むことがなかったのですが、新型フリードの登場でセールスも話に乗ってくるようになりました。

実際の商談では、競合車として新型フリードをぶつけて様子を伺い、最後は経営違うトヨタ店同士の戦いに持って行くのが理想的です。

値引き目標は全国を意識した金額ですが、20万円オーバーもチラホラ出ていると聞きますから、目標としては20万円以上を目指してみましょう。

2016年7月シエンタ値引き状況
夏の商談が始まることもあり、少し渋めだった値引きが緩む傾向にあります、商談ではトヨタの全系列をマメに回って交渉をするのがコツ
特にカローラ店とネッツ店は値引きが多いという情報もあります。

2016年5月シエンタ値引き状況
シエンタの値引き交渉では、プリウスαと同じように、シエンタ同士で競わせるのが値引きアップのコツです。
トヨタのディラーをマメに回って4系列すべてで商談してみましょ。


シエンタ値引き交渉のコツ

シエンタはフルモデルチェンジとしてから売れ行き好調です、納期が少し延びてきているので、欲しいのなら直ぐに商談を開始したほうがよいでしょう、値引き重視なら、少し待ったほうが良いかもしれません。

とりあえず値引きの話をすると「シエンタの値引きは5万円と決まっています」といった話をされることがありますが、これは本気にする必要はありません、シエンタの値引き交渉は15万円を超えてからが勝負ですよ!

商談では、トヨタのお店同士で競わせます、今までのシエンタはカローラ店の専売でしたが、新型からトヨペット店・ネッツ店・トヨタ店でも取り扱いうようになったからです。

新型なので、暫くの間は他メーカーの競合車と競わせても、あまり乗ってこないですが、ガソリン車をねらっている人は、軽自動車のタントやN-BOXとの競合もイケルようです。

トヨタ シエンタのおすすめポイント

取り回しやすいコンパクトなボディと広い室内で、アクティブに使えるミニバン。ランニングスニーカーがモチーフの特長的なデザインには、豊富なボディカラーが揃う。シートは簡単な操作で折りたたみ、スライドができるので、荷物量や乗車人数に応じたアレンジができる。前方からの衝突を防ぐプリクラッシュブレーキも装備しており、安全なドライブをサポートする。ガソリンエンジンのほか、優れた燃費のハイブリッドモデルもある。

引用元:オートックワン

シエンタ車名の由来

スペイン語で「7」という意味の「シエテ」と、英語で「楽しませる」という意味の「エンターテイン」の造語です。

トヨタ(トヨタ自動車株式会社)公式サイト http://toyota.jp

←新車見積り
訪問・電話は
ありません

入会費・年会費永年無料
入会で2000ポイント、キャンペーン時なら8000ポイントがもらえる時も、ポイントでETC車載器・旅行代・TOHOの映画チケット代もOK


保険料の割引が多い人は通販系が安く、割引が少ない人は代理店系の保険が安い、こういった傾向が強くなってきているのが自動車保険です
割引が多いから・・少ないから・・見直さない、すごくもったいないです、まずは一度比較してみることをオススメします。
自動車保険は、10年で10回、20年では20回も掛けますから早めに見直すほど節約できます。

*500円マックカードプレゼント付*自動車保険見直しキャンペーン

【無料】価格.com自動車保険見積もりで人気家電プレゼント(12/1迄)


ガソリンは現金で入れるよりもカード払の方がお得に入れられます、カード払いなら会員価格で入れられるだけでなく、ポイント特典や施設の優待利用といった特典がありますからね。





なまぺーじ新車値引きトヨタ値引き>シエンタ値引き  【BACK-ひとつ前の所に戻る】